FC2ブログ
一度は死んだ身であるこのブログの管理者が色々と実験・試してみる場所です。
たきやん。の Burning Heart (実験・研究室)
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「女」、それは宝です!(その3)
2013-04-30-Tue  CATEGORY: つぶやき
昨日、注文していたクイズの問題集5冊が届きました。
(同人誌のようなもの、です・そういうものを専門に扱うサイトがあるんです)
当分の間、にやつきながら過ごす時間が増えそうです。
睡眠時間がまた、減りそうですが・・・まあ、いいか。

たきやん。です。
昔は暑いのがすごく苦手だったのですが、ここ数年、(40過ぎてから特に)
そうでもなくなった気がします。

落語でいう「枕」の部分、ないほうがいいのかなぁ?
でも、もう少しだけ、実験で入れさせて下さい。
本題へいきます・・・





昨日、書いたことを強調の意味でもう一度。

「女性を大切にしない場所は

必ず廃れてしまう!」


高校時代には、こういう考えがあった、というのも書かせてもらいました。
これは、昨日ちらっと触れた会社・企業だけではなく、
社会全体にあてはまる、と自分は思っています。

20代半ばぐらいの頃でしたかね、あるサークルの創生期に
ちょっとだけ関わらせてもらったことがあります。
何度か、代表者の方と熱く語ったのですが、
そこで自分が毎度のように言っていたことがあります。

「まず、若い女性を惹きつけるものを提供しないと!」

当時、この意見は代表者に相手にしてもらえませんでした。
「何で分かってくれへんねん!」と何度もキレた記憶があります。
ただ、今でもこの代表者と個人的な付き合いがあるのですが、
近々、別のことを興そうとしているようで、その計画では
女性を大切にすることをすごく重視しているようです。

ここで、ちょっといやらしい書き方をします。
しかし、この考え、いろんな状況で適用できる、と考えています。

1.まずは、若い女性をメインに宣伝する(若い女性を集める)
2.若い女性が注目し、定着すれば、女性を目当てに男性が集まる
  (いやらしいかもしれませんが、これは「男」の本能・本質でしょう)
3.提供したものが「本物」ならば、あとは口コミでどんどん広がる
  (今は昔よりも「口コミ」が有効に、広範囲で使える時代です)

口コミで広がり、色々な場面(マスコミなど)で取り上げられれば
「勝ち組」になる可能性は跳ね上がるでしょう。
そのためには、常日頃から「本物」を提供する、という意識が必要ですよ。

「最初は若い女性でないといけないの?」という疑問(怒りの声)があると思います。
そんなことはありません。ただ、最初が「女性」である、ということはすごく大事です。
この考えの肝は、「女性を定着させる」という部分にあるのです。

「女性を道具としてしか見てないんじゃない?」という見方があるかもしれません。
その意見には、はっきりと反論します。
1.から2.へいく段階で、女性を人集めの道具としてしか見てなかったら
集まった方々は離れますって。集めた人を満足させないと、定着しないですよ。
満足させるためには、心の中で「女性は宝である」と思うことが必要だと考えます。

ただ、私は、全面的に「女性を甘やかせろ」と言いたいわけではありません。
次回、そこに少しだけ触れてこのテーマでの呟きを一旦、締めます。
今日はこの辺で。それでは。
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2018/12 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2018 たきやん。の Burning Heart (実験・研究室). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。