FC2ブログ
一度は死んだ身であるこのブログの管理者が色々と実験・試してみる場所です。
たきやん。の Burning Heart (実験・研究室)
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他喜力(たきりょく)・その2
2013-04-14-Sun  CATEGORY: つぶやき
まいどです。たきやん。です。
今日の皐月賞、じっくりと観ました。収穫は大きかった、と考えています。
一応、文庫本を10冊(古本じゃないですよ)買えるぐらいの
プラスにはなりました。

今日の結果を今後の3歳牡馬路線、的中率(収益率という方がいい?)の
アップに役立てたいと思います。

本題に入りますね。
かなり長くなるかもしれませんが・・・


ブログを始めた直後ぐらいに、今の私のキャッチフレーズは「他喜力」だ、と
書きました。(「たきりょく」と読みます。)
私の本名を知っている方は、本名とかけていることに気付くと思います。

当然、私のオリジナルではありません。
西田文郎さんの「1分間成功思考」(PHP文庫)という本に書かれていた言葉です。
(この本はカテゴリ「おもしろきもの」で近々記事にします)

人にはそれぞれに喜びを感じる能力がある。

この本にはこういう風に書かれています。
そして、その能力には2種類あって、1つは自分に都合のいいことが起こったときに
喜びを感じる力、もう1つは他人を喜ばせる・あるいは他人の成功を喜ぶ能力、
というふうに本の中では紹介されています。
「他喜力」とは、字のごとく、後者の能力のことです。

さらに、「他喜力」を持っていない人は成功できない、
「他喜力」は人生のツキと運を支配する重要な能力だ、とも書かれています。

初めてこの言葉を知ったとき、この2つの能力には関連性はない、と思っていました。
むしろ、相反するものだと考えていました。

違うんですよね。

自分が「喜び」というものを知らない状態で、

他人の喜びがどんなものかなんて

わかるわけがないんです。


しかし、自分が喜びを知っているからといって、すぐに「他喜力」が
身につくか、といえば、そんなことはないですよね。
そこからもう一歩高みへ向かわないといけないわけです。

仕事・趣味などはその高みへ向かうための1つの方法ではないでしょうか?
そして、心身ともに万全の状態でなければその高みへ向かう気力も湧かない、と思います。
そのために体を鍛えたり、勉強したりするわけで。何かへの挑戦、とでもいいますか。
(自分の場合はそうだ、といえるようにしたいです)

別に、みんながみんな、「他喜力」を身につける必要はない、と思います。
ただ、自分は「他喜力」が身に付いて、実践できれば自分の喜びも
より大きくなるような気がしてキャッチフレーズにしているわけです。

こう書くと、「偽善者」という方もいるかも知れませんが、
それはそれで別に構わないと思いますよ。
本当にそうかも知れませんもん。


以前、自分には理想とする未来・目標がある、といった意味のことを書きました。
今はまだ漠然とした書き方にしますが、それは全てこの「他喜力」という言葉に
集約されていて、それを存分に実践する場を『自分で』作り出すことなんです。


ダラダラと長く書いてしまいましたが、最後まで読んでいただいた方には
心から感謝申し上げます。本当にありがとうございます。
正直な話、今、自分は少し心身ともに乱れを感じています。理由も大体わかっています。
(ブログの雰囲気を悪くするので、その理由は書きません)
それを吹っ切り、整理するためにこのタイミングで語ってみました。

このつぶやきを機に、また高みへ向かって邁進することをここに決意します!
失礼します。たきやん。でした。
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2018/12 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2018 たきやん。の Burning Heart (実験・研究室). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。