一度は死んだ身であるこのブログの管理者が色々と実験・試してみる場所です。
たきやん。の Burning Heart (実験・研究室)
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今後への準備・その2
2018-04-09-Mon  CATEGORY: 手記・自叙伝
わんばんこ。たきやん。です。
前回の記事で、このブログを今後へ向けての
「自叙伝・反省記」として使う、と書きました。

記録は、2014年11月10日、ほぼ全てを
捨てたところからのスタート。
自分の恥もトコトンまで晒す予定。

自分の例のように、極端なところまで
いくケースはそうそうない、と思います。
(そして、人としてやってはいけない
 見本、でもあります)

しかし、精神的に極限まで追い込まれそうに
なった時、私が今後晒す記事は何かの
参考になる部分が必ずや、あると確信します。



「自叙伝・反省記」に入る前に、背景を書いておきますね。

2014年6月、縁がありまして京都の方で
派遣ではありますが、製造業に就く機会がありました。
念願である、「京都暮らし」もその時に実現したんです。
人生の中で、最も浮かれた時期だったかもしれません。

でも、それは長くは続きませんでした。
仕事の技術習得がうまくいかない・・・
職場の雰囲気になんか馴染めない・・・
周りが変にプレッシャーをかけ続けている気がしたんですね。

自分の中で、それを勝手に重みとして感じるようになりました。
それが、「生きること」に対するつらさにまでなったんですね。
9月頃から、「自分で命を絶つ」ことまで考えるようになりました。

ただ、それを周囲に悟られるのは、「完全に敗北を認める」
気がしてどうしても許せなかった。
自分なりのホンマにくだらない意地です。
自分を殺す、そういう日々を送っていました。
今ならば、そんな自分に喝を入れ、
適切な助言すら出来る、とは思いますが。

寮の最寄りのJRの駅のホームに立ち、
来た電車に飛び込もう、と考えたことは
1度や2度ではありませんでした。
でも、出来なかった。

「俺、どこまで
あかんたれやねん!」
自分に対して、ホンマ、
不甲斐無さしか感じなかった。


「Dead or alive?」
9月以降、ずっと、その問いかけを
自分にしていた。



そして、2014年11月10日。
自分なりのある決断を
することになるんです。


ホンマ、決断、というほどの価値すら
ない行動ではあるんですが。
ただ、「自分で命を絶つ」という選択は
してはいけない、と思ったが故の
行動でしかないんですが・・・


次回から、本格的に自叙伝を展開していきます。
ガッツリと追記します。
物好きな方、そちらもお付き合い下さると嬉しいです。

恥を晒す。
これを勇気と言っていいかどうかは分かりません。
しかし、自分にとってはそれなりの決断であります。

ついでに、少し前に書いた
「生存権を奪われかねない窮地」について
少しだけ、晒しておきます。

今も自分は、派遣で働いています。
これは、自分がデタラメな生き方をした「ツケ」です。
今までは、それを受け入れきれなかった自分がいました。

日給・月給制。
これがどれだけ、人を堕落させるか。
自分の実例から、今後、それについても触れます。
もし、日給・月給制で日々を過ごしている方がいるのなら・・・

「死ぬ気でそこから抜け出さないといけません!」

これからの自分は、抜け出すための戦いを
実践することになります。
もし、リクエストがあれば、自分の実例を
批判覚悟で、全部、晒します。
トコトンまで向き合います。


あ、何をしたか、って?
市民税滞納、それによる給料の差し押さえです。
差し押さえによって、今までもらっていた日給が
(要は前借りです)ストップしたんですね。

差し押さえまで放置した自分が悪い。
どんな批判も受け止める。
それを決意して、今回、事実を晒しました。

もらっていた日給で家賃を払っていた。
それが止まることによって、家賃が払えなくなる。
住む場所がなくなる。
そういう意味での「生存権を奪われる窮地」。
自業自得でしかありません。


今の住み家の大家さんのご厚意、公共機関への
相談によって、最悪の事態は脱出できそうです。
(公共機関の相談員の方には厳しいことも
言われましたが、自分が悪いので・・・
兎に角、頭を下げ続けました)

最悪の事態を脱出してからが、本当の勝負です。
人生の立て直しで終わってはいけない。
その先に、二度と窮地に立たない基盤を
新たに作って、初めて今までの自分への
罪滅ぼしとなると思っています。
そして、生活苦の人たちに指針を示すことまでやって、
初めて、今回お世話になった方々への
恩返しとなると思っています。



今後、ダブルワーク・状況によってはトリプルワークの日々が続きます。
ただ、赤字で上で書いたことを絶対に成し遂げる。
これを誓いながらも、ブログなどのSNSは続けます!
続けることで、何らかの指針を示すことが出来る、
これを確信していますので。

そして、止めたときが、「ホンマに世捨て人になる時」や、
と感じていますので…
まだ、人生を諦める段階じゃない、と思っています。


それでは。

スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2018/07 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2018 たきやん。の Burning Heart (実験・研究室). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。