一度は死んだ身であるこのブログの管理者が色々と実験・試してみる場所です。
たきやん。の Burning Heart (実験・研究室)
「ごっこ」になってはいけない・その2
2017-12-03-Sun  CATEGORY: 未分類
こんにちは。たきやん。です。

前回は、MLMへの批判と取られる記事を書きました。
「これを批判と取る連中には、長い目で見れば
負ける気はしない!」と、超強気なことも書きました。
実際、進めていて、疑問に思っていることも
非常に多いんですわ。
私から業界に批判したいことは実際、あります。


といっても、自分は、MLMという方法が怪しい、
おかしい、とはこれっぽっちも思ってないんですね。
それどころか、ちゃんと理論(理屈)を理解すれば、
これほど世に有益な方法はそうはないでしょう。


ア○ウ○イを代表とするこの業界に携わる方々がおっしゃる、
「やらない人がバカなんです」・
「やっている自分たちは一流なんです」。
(特に○ム○ェ○関係者はこの思想、強いっすね・・・)

この言葉、決して的外れだとは思いません。
「ネズミ講」とは似て非なるもの、これも確かに間違ってないっす。
ではなぜ、「怪しい」というイメージが抜けないのか?


『広める側にちゃんとした信念がない』
はっきり言います。これ以外に理由はありません。
これは、1年近くMLMに関わってきて得た実感です!!!

MLMにしても、アフィリエイトなどのネットビジネスにしても、
「お金を稼いだ後でどうしたいか」を
突き詰めて考えている人がどれだけいるのか?

考えていても、それが本質に適っているのか?


これを満たして初めて、信用・信頼を得る可能性があり、
世界レベルへと突き抜ける可能性がある。
満たしてないものは、「ごっこ」(遊び・ままごと)の域を
抜けだすことは決してない!


世界レベルなんていらない?
そう言っている間は、「真のゴール」(真の成功)は
程遠いでしょうね、きっと。
MLMだと、本当の意味での「権利収入」は無理でしょう。



ビジネスじゃなくて「投資家」の話になりますが・・・
ジョージ=ソロスという人物、ご存じでしょうか?
とんでもないレベルの収入を得ていますが、
その収入の「ウクライナ」への使い方、
ぜひ、調べてみて頂きたい。
(特に、農業への投資の仕方を学んで頂きたい・
アメリカや中国が国を挙げて、ブラジルにしていることを
一個人がやろうとしているんですわ)


賛否のほどはあるかと思いますが、
これぐらいの規模のゴールを目指してこそ、
稼ぐ意味もあり、「怪しい」という見方からの
脱却への第一歩となる、と私は思います。


私ですか?
今は、ここまで大きなことは想像できません・・・
しかし、地域発展・地場産業の隆盛・再興。
これは目指してみたいし、今の日本なら、
個人の力でも不可能ではない、とは考えています。
それは、田舎でなくても可能なはずですよ。
東京・京都といった世界に名の知られた
超メジャーな場所でも。



1年近く、MLMに携わって、ずっとモヤモヤ感が抜けなかった。
それが何故なのか、なかなか答えが出なかった。
見つけるために、多々、セミナーに参加もした。
それでも、モヤモヤ感は抜けることはない。
ある意味、泥沼にハマっていた。


でも、最近、やっと自分なりの答えが出た。

それが上記したことであり、その辺を語れる人は
今のところ、MLM業界では見つかってない。
(別の場所で見つかったんですわ・・・
 それがどこか、は今は書きませんが)


長くなりました。
あと1回、この内容、引っぱります。
それでは。
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
<< 2017/12 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


Copyright © 2018 たきやん。の Burning Heart (実験・研究室). all rights reserved.