一度は死んだ身であるこのブログの管理者が色々と実験・試してみる場所です。
たきやん。の Burning Heart (実験・研究室)
暑中お見舞い申し上げます
2013-07-27-Sat  CATEGORY: つぶやき

 

こんにちは。たきやん。です。
心はいい感じで夏バテから抜けつつあります。
ただ、身体の方がまだ少し・・・疲れが溜まっているかな・・・

いい感じの充電にはなっていますよ。
皆さんも十分にご自愛下さいませ。

今回の動画が私の天邪鬼ぶりを表しています・・・
キャンディーズでないところがポイントです。 (謎)


8月1日に本格的に再開します。
その際は、よろしくお願い致します。
もうしばらくの間、失礼します。

スポンサーサイト
トラックバック0 コメント8
皆さん、本日は本当にありがとうございました
2013-07-24-Wed  CATEGORY: 先への展望
 

こんにちは。たきやん。です。

本日は母校への声援及びBDコメント(拍手も含めて)を
数多く頂き、本当にありがとうございました!


本日、我が母校(狭山高校)は健闘むなしく大阪桐蔭高校に
7回コールド負けを喫してしまいました。

大阪大会5回戦 

狭山 0-9 大阪桐蔭 


1点取るか、9回まで頑張ってほしかったというのが本音ではあります。
ですが、初めて大阪で5回戦に進出(ベスト16入り)したのは事実ですし、
部員の皆さんはこれを誇りにしてこれからの人生を送ってほしいと思います。

今回の試合を糧にして、後輩たちにいろいろ伝えてほしい。
そして、生きている間に1度でもいい、母校の野球部を
甲子園で応援させてほしいと心より願います。


突然ですが、1つ告知です。
明日以降、少しだけ充電期間をいただきます。
(その間、FC2での新しい記事の更新予定はありません・
アメブロの方は1つ2つ、告知っぽい短い記事を入れますが)

どうも、心身ともに完全に夏バテ状態に陥っているようです。
活字を多く読み、インプット量を増やすことに専念する期間を少しだけ頂きたく思います。
遅くても、このブログは8月1日には再開します。
(早ければ来週明けからになるかもしれません)
記事は「ブログというものに対しての私の考え」の続きから入ります。

「活字を多く読み」と書きました。「本を多く読み」ではありません。
本を多読するのは前提となっているのですが、それとは別に
いろんな方のブログを数多く読ませてもらおうと考えています。


ということで、皆さんのブログへの訪問ペースが
(少しの期間だけですが)アップすると思います。
皆さんのブログの過去記事を読ませてもらうことも多分、多くなりますので、
「お前なんかに読まれたくないよ」という記事がございましたら
先に『こそっと』おっしゃって下さい。


再開後はFC2とアメブロの2面展開を本格化します。
詳細は再開時に。ベースはFC2に置きます。
アメブロが補助的存在となります。


それでは数日間ですが、失礼します。
再開後、また付き合ってやって下さい。
(充電中も1日に1回はここを覗きますよ・・・)

トラックバック0 コメント0
母校野球部、躍進!
2013-07-23-Tue  CATEGORY: つぶやき
 

こんにちは。たきやん。です。

昨日の続き、といきたいのですが、本日はどうしてもその気分になれません。
といいますのは、この夏、私の母校(高校)の野球部が躍進を続けているからです。
明日、1つの正念場を迎えます。
現地点ですでに自分の気分が昂りすぎて、記事に着手できないんです。
本当に申し訳ありません。

お詫び重ねで、今回は母校について書かせて下さい。


明日のわが母校の相手校は「大阪桐蔭高等学校」です。
夏3回・春1回の全国制覇経験を持つ、超強豪校です。


かたやわが母校、創部から25年目で初めて大阪府大会5回戦進出(ベスト16入り)です。
わが母校は過去3回、大阪府大会4回戦まで進出しています。
ただ、そこが壁になっていた。

今から12年前、母校が3回戦を突破したとき、某新聞の大阪版で

「大阪の公立校の希望の星となれるか!」

と紹介されたのをよく覚えています。
あの記事は本当に嬉しかった!
ただ、その直後の4回戦で同じ公立校に敗れてしまった・・・
記事が強烈だっただけに、その時の失意は大きかったです。

今回、ついに壁を破り、大阪でベスト16入りを果たしました。
大阪の方はこれがどれほど凄いことか、理解していただけると思います。
しかも、今回、いい勝ち方をしてきています。
4回戦までのスコアを列記します。

1回戦 (VS桃山学院) 13-1
2回戦 (VS 堺  )  6-4
3回戦 (VS 美原 ) 10-4
4回戦 (VS 花園 )  7-0



何か支離滅裂な記事になっていますね、すみません。
思い入れが強すぎるが故のことなんですが、それにも理由が存在します。
もう少しだけ記事にお付き合い下さい・・・


         <続きは追記で・・・>

続きを読む
トラックバック0 コメント10
ブログというものに対しての私の考え(その4)
2013-07-22-Mon  CATEGORY: つぶやき

こんにちは。たきやん。です。
某所のコメントで書いたのですが、例年以上に天候不順なせいでしょうか、
今年は体調管理に少し苦労しています・・・
(「お前、それはもう年やで。」というツッコミは一切受け付けません)
今のところ、「山芋の短冊切り」を多食しながら乗り切っています。 (謎)
 
といいながらも記事を更新する気力があるわけですから、全く問題はないのでしょう。
FC2、アメブロのどちらでも数日更新が止まったら危ないかもしれませんが。


今回は、予告していました「ブログというものに対しての私の考え」
シリーズを久々に書いてみようと思います。
なぜか分かりませんが、過去3回書いた記事は異常なまでの
反応がありまして・・・(ありがとうございました!)
特に、おまけで書いた(その3)の反響が全くの想定外でした。
該当記事を紹介して下さった方まで現れまして・・・嬉しかったです!
力が入らなかった、というのがよかったのかも知れませんね。

今回の記事には全く関係がありませんが、過去3回の記事を貼っておきます。
「どんなものか、見てやるよ!」という優しい方、よろしくお願いします。

ブログというものに対しての私の考え(その1)

ブログというものに対しての私の考え(その2)

ブログというものに対しての私の考え(その3)


予告では(番外編)としていましたが、今後も思いつきでこのシリーズを
書くかもしれないので、(その4)とさせてもらいますね。
今回は、『コメントと拍手について』語ろうと思います。
よろしくお願いします。

コメントや拍手を設定していないブログもあります。
自分の昔の経験から、その理由や気持ちは少しは分かります。
(昔、掲示板の管理をまかされたことがあるのですが、そのときに辛い経験をしています)
ご本人の考えなのでそれはそれでいいと思います。
ただ、一歩踏み込んで設定してみるのもブログを楽しむ方法の1つかもしれません。
世の中、悪い人ばかりではありません・・・と一歩踏み込んだ奴が言ってみます。


         <続きは追記で・・・>

続きを読む
トラックバック0 コメント7
21世紀論(その10・21世紀論への思い②)
2013-07-21-Sun  CATEGORY: 21世紀論
松下村塾


こんにちは。たきやん。です。
選挙、夕方に行ってきました。
いつも以上に熟考した票を入れたつもりです。
このあとの選挙速報、しっかり見届けたいと思います。
(記事のアップ時間とこの書き方を照らし合わせると
わかると思いますが、この記事は予約投稿です)

「21世紀論」休止前の最後は、少し前の記事に対する
今の自分なりの答えを書いておこうと思います。
連載を再開したときにはガラッと考えが変わっている可能性があります。
それを踏まえてご覧下さい。



『私が比較的「メシを食いやすい」と考える言語を
いくつか挙げようと思います。(それでも安易に考えると失敗しますが)
そして、今、英語で求められているものの厳しさを少し、語ってみます。』

この件についてです。
自分が考える「メシを食いやすい」条件とは、

1.今の日本でその言葉の使い手がそんなに多くない 
2.その言葉を使用している国(地域)に勢いがある  
この2点です。


ある国を本当に理解しようと思うのなら、その国で使われている言葉を
理解するのは必須だと思っています。

今の時代、世界のほとんどの国の情報を『日本語で』仕入れるのは
そんなに難しくないかもしれません。
ただ、真の理解を得るためにはその国の言語で書かれた物に
当たる必要が必ず出てくると考えます。

細かいニュアンスは、翻訳されたものでは十分に伝わらないと思います。
「原書」にあたることによって、本当の「空気」というものが
感じられる、と私は考えています。


追記で2つ、その言語を挙げさせてもらいます。
ただし、現地点で私はどちらも学習しておりません。
興味のある方は自分で検索してみて下さい。
申し訳ありません・・・


        <続きは追記で・・・>

続きを読む
トラックバック0 コメント16
21世紀論(その9・選挙への心構え③)
2013-07-20-Sat  CATEGORY: 21世紀論

松下村塾


こんにちは。たきやん。です。

1つ前の記事でも発表しましたが、これと次の記事で一旦
「21世紀論」は休止します。

(続けて欲しい、という意見があったのは非常に嬉しく思います。
 本当にありがとうございます。
 
 ただ、やめるのではありません。
 
 力をつけて絶対に再開致します!
 
 
 再開時期は今のところは未定ですが・・・)

念を押して書いておきます。

ブログをやめる、というわけでは

絶対にないですからね!



前回書いた、「21世紀論」に対する重要なスタンスを再度記載します。

『「21世紀論」は、自分の中で最大の勝負企画であり、それを成功させることは
ブログを開設した時からの目標の1つでもあります。
中途半端な状態でダラダラと続けるのは自分の中では許されないことなんです。』



この企画を「成功」と言うための条件を
箇条書きでいくつか書かせていただきます。

1.私が書くことに対して賛否両論に関わらず、意見交換がされる。

2.意見交換がされて、どういう形であってもそれに触発されて
  動こうとする方が現れる。(自分の行動もそれに伴う必要がありますが)

3.最終的には少なくともこの企画で50以上の記事を発信する、という
  予定でいます。(その数倍の数になるかもしれません)
  記事を書いている過程で、
  『何か面白いことを言っているブログがあるで!』という噂が立ち、
  人が集まり出して上の2つで書いたことが活発になりだす。

ここまでくれば、とりあえず「成功」だと考えますが・・・
もう少し目標の続きがあります。

4.国民1人1人が「真の生きがい」を探そう、と実際に行動していく。
  (当然、その中には私も含まれますよ)

5.日本という国の国力が上がり、世界の中心としてリードしていく国となる。
  (20世紀末・21世紀初頭のアメリカがイメージとして近いです。
   ただし、1点だけ絶対に許せない部分があるのですが・・・)

4番と5番はすごく大雑把に、飛躍的に書きました。
その間の過程もいろいろあります。
次の記事でもう少しだけこの辺を書いてみます。


さて、明日は参議院選挙の投票日です。
2つ選挙記事を書いていますので、私も当然投票しに行きます。
直前にその話をしてみます・・・


          <続きは追記で・・・>
続きを読む
トラックバック0 コメント2
21世紀論(その8・21世紀論への思い①)
2013-07-20-Sat  CATEGORY: 21世紀論

 

こんにちは。たきやん。です。


突然ですが、ここで自分にとって1つ、苦渋の決断をします。
この記事を含めてあと3つで「21世紀論」を一旦休止します。
詳細は次の記事で改めて書かせてもらいます。

今は、「21世紀を語るには、今の地点で自分の力があまりにもなさすぎた」
とだけ書いておきます。

一旦休止、と書きました。
「21世紀論」は、自分の中で最大の勝負企画であり、それを成功させることは
ブログを開設した時からの目標の1つでもあります。
中途半端な状態でダラダラと続けるのは自分の中では許されないことなんです。


このまま続けるとその「中途半端な状態」になってしまう、というのが
前回の記事を書いている最中に見えてしまいました。
上でも書きましたが、今の自分のあまりにもの力のなさを痛感しました。

今まで以上にいろんなものを見聞きして、力をつけてから
再度、この企画に挑戦し直します。

とりあえず、この後、前回の記事に対する自分の答えの記事と
選挙記事を書いて「21世紀論」を一旦休止します。


休止したあとの記事展開はまた後日、書きます。
ちなみに、ブログ自体を休止する(やめる)、という選択肢は絶対にありません。
こことアメブロさんを行ったり来たりしながら、
しばらくは前みたいにいろいろ語ってみます。


今回はこれで失礼します。

トラックバック0 コメント0
21世紀論(その7・語学力②)
2013-07-19-Fri  CATEGORY: 21世紀論
たきやん。です。
昨日、実験としてトラックバックテーマに乗ってみましたが、
ちょっと興味深いことを知りました。
近々、他のテーマとともに記事として書かせてもらおうと思っています。
来週の月曜日ぐらいかな。

『ブログというものに対しての

私の考え(番外編)』
・・・ (ぼそっ)

いや、何でもないです。


以前も書きましたが、このブログを始めたとき、中高生の方が
いらっしゃる、ということを想定に置いてなかったんですね。
でも、今、数名の方が定着して下さっているみたいです。
その1人1人が凄いものを持っていらっしゃる方ばかりで・・・
私にも本当にいい刺激になっています。

ここで突然なんですが、そんな中から2名の素敵なブロガーさんを
運営されているブログとともに紹介させて下さい。
お二人のブログとは相互リンクさせて頂いているのですが、
大きい字の部分をクリックしていただけると該当するブログの
トップページに行けるようになっています。
(別ウインドウで表示されるように設定しています)


1.『9教科オール3、通知表27の

中学生の人生逆転計画』


(ブロガー:Masakiさん)
最近、他の方も(しかも複数)このブログを紹介していましたが、彼、
中学生とは思えないほど鍛えの入った文章力を持っています。
普段の生活の様子を書いた記事も確かに面白いのですが、彼の真骨頂は
中学生離れした高い考察力での分析系の記事にある、と思っています。
ちょうど今、展開中の「ブログマネジメント」が典型的な例です。

5月末にも同じテーマで記事を展開していました。
(彼のブログ内に同名のカテゴリがあります・是非その記事群をご覧頂きたい)
この一連の記事で私は彼に「ハマり」ました。
理科が大好きというMasakiさん、野球部生活で培ったものも活かして
この夏にさらに飛躍してもらいたいと心から思います。
彼の前に開けているものは『人生逆転』じゃなくて『明るい未来』のはずです。
最近のアクセス数の急上昇ぶりも、それを象徴しているのではないでしょうか?
(ただ、本来は3桁後半のアクセス数があっても全然おかしくないブログですよ)


2.『寝にっき』 

(ブロガー:葉月さん)
素朴な感じの記事群の中に、さりげなく入ってくるすごいレベルの雑学的記事、そしてやはり
やさしさが溢れ出ている素敵な「絵」たちにハマっている読者の方は多いと思います。
(当然、私もその1人です)
どの記事にもコンスタントに2桁つく拍手がそれを物語っています。
(やはり、こちらも本来より桁が1つ少ないです・3桁の拍手をもらう価値は十分あります)
一度行けばリピーターになる率は非常に高いと思います。

そんな葉月さんの真骨頂は、上でも書きましたが最高級の「やさしさ」です。
そして、大人でも身についている人は少ないであろう「気配り」のレベルの高さです。
あの気配りは少々のことで身につくものではありません。
しかも、『自然に』『さりげなく』それができている。
(私にはとても真似ができません、尋常じゃないレベルの高さですよ!)
この辺をブログを見てぜひ、感じ取って下さい。

おそらく、周囲の教育が非常にいいのだと思います。
(どういう業界でもいいのですが)秘書として確実に成功・大成できるタイプだと思います。


お二人とも受験の年なんですよね。来年の春、朗報を聞かせて下さいね!


ということで、本題に入ります。
よろしくお願いします。

       <続きは追記で>

続きを読む
トラックバック0 コメント4
21世紀論(その6・語学力①)
2013-07-18-Thu  CATEGORY: 21世紀論

松下村塾


こんにちは。たきやん。です。

1つ前の記事、「トラックバックテーマ」に乗ってみたのですが、
いかがなものだったでしょうか?
たまには気分転換でいいな、と私は思ったのですが。
今後は、記事同士の流れを切らないことを重視して乗りたいと思います。
(今回の最大の反省点はそこです・アップしてわずか数分後に
以前記事で書いたアドバイザーから電話があってダメ出しされました・・・)


21世紀論、続きといきたいのですが、その前にちょっと告知させて下さい。
私はアメブロにもう1つ、ブログを持っています。
『遊び』(特に競馬)をテーマにした語りをしているのですが、
少し前から開店休業(放置)状態でした。
来週後半ぐらいからあちらも再開しようかな、と考えています。

それに伴い、このブログのカテゴリ『クイズ』をあちらに移転させます。
あと、芸能関係の語りも主にあちらで行おうかな、と思っています。
(ほぼAKB関係と思ってもらっていいです)
但し、今までそのカテゴリで書いていた記事は、そのままここに残します。
あちらには移しません。


ということで、一部の方はご存知なんですが、改めて
アメブロさんのブログのタイトルを書いておきます。

『ブルーロードの「遊道」』です。

ちなみに、リンク欄の一番上にあるものがそれです。
今はまだ、しょぼい状態ですが、時間を見つけて徐々に手を加えていきます。
だからといって、ここに対して手を抜くわけではありません。
私、たきやん。というキャラを売り込むための方針・戦術です。
両ブログをどこまで両立できるか・・・腕の見せ所ですね。

長い告知ですみません。
本論は追記で書かせて頂きます。よろしくお願いします。


        <続きは追記で・・・>

続きを読む
トラックバック0 コメント12
第1699回「夏に食べたい例のアレ」
2013-07-17-Wed  CATEGORY: トラックバックテーマ

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当山本です今日のテーマは「夏に食べたい例のアレ」です。夏にぴったりの食べ物ってたくさんありますよね~カキ氷・すいか・アイス・冷やし中華・冷麺などなど冷たい食べ物はついつい食べたくなっちゃいます山本が夏に食べたいのは、ズバリ京都のわらびもちです!ただのわらびもちじゃないです!京都のわらびもちがいいんです!ほっぺたが落ちるくらいすごくおいしいんです~皆さん...
FC2 トラックバックテーマ:「夏に食べたい例のアレ」




 

こんにちは。たきやん。です。
最近、頭を使いすぎて疲れているようなんで、実験として
「トラックバックテーマ」に乗ってみようと思います。
どんな感じの記事になるか・・・少し怖いです。


夏というと、上でもあるように冷たいものが欲しくなるのが常だと思います。
しかーし! 他の方へのコメントでも書いたことがあるのですが、
「適度な汗をかく」事が体調維持のためのポイントと思う私は、あえて

『焼肉』(『バーベキュー』という括りでもいいですよ)  

を挙げてみたいと思います。
一緒に飲むのは当然、ギンギンに冷えたビール一択です!
(アルコールがダメな方はウーロン茶・麦茶でご辛抱を・・・)

気の合った者同士で(最低4人は欲しいですね)わいわい言いながら
焼肉屋で飲み食いする、想像するだけで胸がわくわくします。
自然の中でのバーベキューならなお最高です。


周囲の熱気と網(鉄板)から伝わる熱さで汗をかき、ビールで喉を潤す。
肉(や野菜)でスタミナも補充できる、次の日から元気に
過ごせそうな気がするのは私だけでしょうか?

『焼肉』は年中、いつの時期に食してもいいとは思います。
ただ、私の場合、最も欲しくなるのはこの季節、夏なんですね。
ビヤガーデンの贅沢版、をイメージしてみて下さい・・・


ということで、「トラックバックテーマ」に乗ってみました。
書いていて、何かいつも以上に楽しかったです。
また、機会があったらやってみようかな・・・(ぼそっ)

ということで、失礼します。
トラックバック0 コメント2
21世紀論(その5・選挙への心構え②)
2013-07-16-Tue  CATEGORY: 21世紀論
松下村塾


たきやん。です。プールで思いっきり泳ぎたいです。

突然ですが、私はこのブログを「松下村塾」のようなものに見立てています。
(一部記事は除きます)
自分は新入塾生、訪問して下さる皆さんを
『高杉晋作』や『久坂玄瑞』、後の『伊藤博文』のような
先輩塾生として想定しています。

あれ、『吉田松陰』先生は? 

当然、存在します。
今、相互リンクしているブログで2つ、そういう風に
(自分が勝手に)見させてもらっているブログがあります。
『高い考察力』と『私をはるかに上回る熱さ』で、今の自分のはるか先を走っている
そのブログとブロガーさん、近々紹介してみたいと思います。


ということで、本題に入りますね。

参議院選挙まであと5日。
昨日、自分が投票する際に参考にする材料がやっと、揃いました。
私が最も重要視している資料は、選挙管理委員会が発行している「選挙公報」です。
新聞のような形式で、各家庭に配布されるはずです。
(確か、各市町村役場でも、もらえるんじゃなかったですかね?
間違っていたらごめんなさい)

各政党が配るチラシ・政見放送もある程度は見ますが、
自分にとっては、「選挙公報」が全候補者・全政党を比較するのに
一番やりやすい形式になっているんですね。

今回は、政党のものが少し早く届きました。
そして、大阪選挙区のものが昨日、やっと届きました・・・
早く届いた分、政党はじっくり検討する時間が増えます。
(ここでは絶対に書きませんが、政党に関してはほぼ、
投票するところを決めました)

自分がどういう観点で投票する政党・候補者を決めるかは
直前の選挙記事で書かせてもらうことにします。
いくつかあるんですが、今、1つだけ書いておきましょうか。

『何か物事に反対する場合、その代案を

キッチリとした形で出せないところは

私は絶対に支持できません!』


これ、かなり重要ですよ。 『反対だけでは物事は進まない!』
この詳細も直前記事で書かせてもらうことにします。
前回の選挙記事で予告していた、「支持するものがない」場合、
どうするか、追記で書かせてもらうことにします。


         <続きは追記で・・・>

続きを読む
トラックバック0 コメント5
21世紀論(その4・何でメシを食っていく?)
2013-07-15-Mon  CATEGORY: 21世紀論
松下村塾


たきやん。です。
本来、今日行う予定だったことを1日前倒しで昨日のうちに行いました。
ひょっとしたら今日、それだけの時間を取れない、という
予感があったのかもしれません。

朝、出勤時にいつもお世話になっているブログをチェックしていると・・・
ある記事に衝撃を受けました。

Omunaoさん「オムライスのある風景」

『中高生の皆さんへ』


自分が伝えたい、と思っていたメッセージを見事に伝えきっていました。
(上で該当記事にリンクさせています。中高生の皆さんへ、とありますが、
全ての世代の方にぜひ、見ていただきたい記事です!)


Omunaoさんの記事にはコメントさせていただいたのですが、
『点いた火にさらに燃料を注がれた』といったらいいのでしょうか、
自分の熱さなんてまだまだだな、と痛感させられるとともに、
自分の心がさらに燃えるのを感じました。


今回は、Omunaoさんの記事に呼応して21世紀論を語っていきたいと思います。
タイトルはゲスですが、内容は真剣です! 
記事のメインターゲットは10代後半~20代全般ですが、
それ以外の世代の方へのメッセージも入っています。

随所にリンクを入れています。文字の色が白くなっている部分がそうです。
記事の理解のためにうまく活用してみて下さい。


まずは、くどいですが、21世紀論の根本になる考えを。

『自分の身は自分で守る!』

明治維新以降、国力を認められ、アジアの国の中では植民地とならなかった
数少ない国である日本。(あとはタイぐらいでしょうか)
第二次世界大戦で壊滅的なダメージを受けながら、戦後の「所得倍増計画」などの
政策で一時は世界第二の経済大国となった国、日本。
負けず嫌いで底力がある、『先進国』(戦前は『列強』という言い方でした)の
仲間入りをしたはずなのに、特にここ数年、それが色褪せたように感じます・・・


            <続きは追記で・・・>

続きを読む
トラックバック0 コメント4
21世紀論(その3・選挙への心構え①)
2013-07-14-Sun  CATEGORY: 21世紀論
 

たきやん。です。無事、帰ってきました。
すごく有意義な時間を過ごさせて頂きました。
また、前向きに進む気力をもらってきました。

参議院選挙まであと、1週間です。
自分が選挙に対してどういう考え・姿勢でいるか、当日まで数回に分けて
書いていこうと思います。
(連続で書くわけではありません・小ネタ的に挟んでいきます)


今の日本では、満20歳になれば選挙権があります。
皆さん、『選挙権』という言葉の意味を考えたことはありますか?
(ウィキペディアでの説明をリンクさせました。
興味のある方は『選挙権』の文字の部分をクリックしてみて下さい。)
ウィキペディアの説明では、満20歳に達していても
選挙権のない人の説明が入っていますが、そこは深く考えなくてもいいです。

今は簡単に書きます。
「選挙に行く、というのは義務ではありません。権利です。
選挙という行為を通して、自分の生活をどうしたい、という意思表示をするんです。」


私の選挙に対する基本となる考え方です。
中学生のときにはすでにこの考えが頭にありました。
1日も早く20歳になって選挙に行きたい、と思っていたのを覚えています。

「自分の生活」という部分はいろんな言葉に置き換えてみればいいです。
今回のような場合は『国』(日本)ですし、少し前に行われた
都議会選挙だったら『東京都』ですね。


この記事のカテゴリである『21世紀論』の根本となることをここで再度書きます。

『自分の身は自分で守る』

自分で政治の世界に入ろうとする方には意味合いが少し変わってきますが、
「選挙」という行為によって、自分の考えを他の人に託す
という意味合いが含まれてきます。
だから、いいかげんな票を入れるという姿勢は私には取れません。
投票するその瞬間まで熟考します。
(私が判断するための材料は次の選挙記事で書かせていただきます)

ましてや、選挙に行かないという選択肢は今の自分には存在しません。
選挙に行かない、ということは自分の身を完全に任せっきりにする、
ということを意味するのですから。


選挙権を得てから今まで、1回だけ選挙に行かなかったことがあります。
20代前半の時の話なんですが、引越し直後でどういうふうにしたらいいか
分からなかったんですね。(市議会の選挙です)
でも、調べる方法なんていくらでもあったわけです。
それをしなかったのはやはり、自分の不手際です。
例え1回でも、行かなかったのは自分の中で汚点となって残っています・・・


いくら考えても、どうしても支持できる人(政党)がない、という人も当然いるはずです。
(自分も過去にそういうことがありましたから、その辺は少しはわかるつもりです)
ただ、『だから選挙に行かない』という理屈は成り立たないと思います。

じゃあ、どうしたらいいねん? と思う人は当然いるでしょう。
それに対しての自分なりの考えを、次の選挙記事のメインテーマとします。
(時期的に1日も早く書く必要があると思いますので、
明日または明後日に次の選挙記事を放り込みます)


この記事はこの辺で。
失礼します。
トラックバック0 コメント10
チェンジ
2013-07-13-Sat  CATEGORY: 予告

 

たきやん。です。
間もなく、岡山へ出発です。
1年ぶりに社会人クイズサークルに参加してきます。

21世紀論の続きは岡山から帰ってきてからにします。
明日の昼以降になると思います。
明日、参議院選挙1週間前ですね。
それを受けて、選挙関係の記事を入れるかもしれません。
(その場合も、カテゴリは「21世紀論」になります)


そして明日、2つのブログの再編をここで発表することになると思います。
ここからもう1つのブログに移転させる予定のジャンルがあります。
ただ、そのジャンルの今までの記事はここに残したままにする予定です。

もう1つのブログ(アメブロさんです)をうまく使いたいんです。
今、あちらは開店休業状態になっていますから。


うーん、トラックバックのテーマが悩ましい・・・
記事のネタとしておいしいものが続いていますね。
ちなみに今回は、「牛?豚?鶏?好きなお肉の種類は?」です。
少し前には「ご飯に合わせるものは何?」という
テーマがあった記憶があります。
いっぺん、使わせてもらおうかな・・・ (ぼそっ)

それでは、失礼します。
気が向いたら、岡山のレポート、させてもらいます。

 
トラックバック0 コメント2
21世紀論(その2)
2013-07-11-Thu  CATEGORY: 21世紀論
たきやん。です。
この記事がアップされている頃、私は仕事中です。
(何回目や、この出だし・・・予約投稿です、って書けばいいやん)
土曜日に岡山に行く予定がありまして、その関係で
今週末、対応が少し手薄になるかと思います。
携帯などでできるだけチェックはするようにはしますが。


前回の最後に書いたこのシリーズの基本となる心構え、
再度強調しておきます。

『自分の身は自分で守る』

この心構えがないと、これから書く細かい事項が全て意味のないものになる、と
言ってもいいぐらい大事なことです。
念頭に置きながら読んでいって下さるとありがたいです。


追記で次回以降、数回かけて話す内容について軽く触れます。
21世紀の『三種の神器』といってもいいかもしれません。

続きを読む
トラックバック0 コメント6
21世紀論(その1)
2013-07-10-Wed  CATEGORY: 21世紀論
たきやん。です。
突然ですが、ブロガーの皆さんにお伺いします。
(ブログを開設していない皆さんにはごめんなさい、です)
初めての拍手、コメントってどなたからいただいたか、
覚えておられますか?

私ははっきり覚えています。何故か?
相手に事前予告されていて、約束通りにもらえたからです。
(ちなみに、どちらも同じ方です)
初期の頃は、その方が見に来てくれていることがすごく心強かったです。

プライベートの知り合いですので、名前は出せません。
すみませんが、ここでその方への私信として少しスペースを下さい。

『最近、連絡をとりあえてないけど、また、みんなで飲みに行こう!
(数日前の話ですが)お誕生日、おめでとう。
ブログももうちょっとは更新してな。心配になるから。』
今も(たまにでも)見てくれている、と信じて私信を書きます・・・
失礼しました。


今回から本格的にスタートさせる、「今の日本に本当に必要なもの」を
語るこのシリーズ、最初は心の持ち方について話そうと思います。
それでは、よろしくお願い致します・・・
(以下、追記で)

続きを読む
トラックバック0 コメント8
21世紀論(序章)
2013-07-09-Tue  CATEGORY: 21世紀論

 

たきやん。です。
一昨日の日焼け、相当ひどかったようでまだ顔が痛いです。
(いつまで引っぱるねん、というツッコミは受け付け・・・ます)
胡瓜の輪切りのパックが必要かな、と真剣に考えています。


新しく作ったカテゴリ『21世紀論』、これは予告していました
「今の日本に本当に必要なものは何か?」を真剣に語るカテゴリです。
いろんな書籍・いろんな方の見解を書き、可能ならば
自分の見解も交えて話していきたいと思っています。

おそらく、今の地点で高尚な見解は出せません。
私自身、不勉強な部分があまりにも多いことを悟り、
新たに勉強を始めたばかりですから。
ただ、このシリーズをきっかけに「今のままで、いいのかな?」と考え、
行動しようという気になる方が少しでも出れば、
この企画の第一歩は成功かな、と思います。



次の記事から本格的に語りに入っていきますが、その前に改めて決意表明を。

昨日の記事で出しましたアドバイザーと、
今日の昼前に、じっくりと話す時間がありました。
その場で言われたことをここに記します。

「最近、コンスタントに2桁の拍手をもらってるけど、
それを当たり前やと思ったらあかんで。
これから目標を達成するのも、崩れていくのも、たきやん。の心構え1つや。
それでなくてもお前、調子ノリなんやから。気ぃ、ゆるめたらあかんで!」

流石、長い付き合いです。鋭いところを突かれました・・・
最近、常に50前後の訪問客があり、拍手もそれなりにもらえる、
常連さんもそれなりにいる、それに気を緩めかけている
私を、彼(アドバイザー)は見逃しませんでした。


『今、いい環境にあることに感謝して

これからも精進していきます。

皆様、よろしくお願い致します。』

トラックバック0 コメント8
ブログというものに対しての私の考え(その3)
2013-07-08-Mon  CATEGORY: 先への展望

村下孝蔵様


たきやん。です。
1つ前の記事、いろんな意味でグダグダで
本当に申し訳ありませんでした。
昨日焼けすぎた顔が今も少し、痛いです。

明日から、予告していた連載ものの記事に入ります。
(当初の予定より3日遅れになってしまいました)
その前に、もう1回だけ、ブログについての記事を書かせて下さい。


今、私は2つブログを持っています。
もう1つの方は今、開店休業の状態になっていますが、
近々本格的に手を加える計画を立てています。
ここ、FC2さんともう1つはアメブロさんです。

ブログのメーカー選択は大いに悩みました。
最終的に候補に残ったのは4つ。
後の2つはヤフーさんとライブドアさんでした。
自分の条件は、使いやすさと集客力の両方を満たすことでした。
最終的に、初めてのブログだったので使いやすさを重視してFC2さんにしました。

この決定には、プライベートで深い付き合いのあるアドバイザーが絡んでいます。
その人が言うには、この4つの中で集客力が最も低いのはFC2だ、と。
ただ、それを差し引いても使いやすさ、初めての人に対しての敷居の低さは
FC2がズバ抜けている、という言葉がありました。
(集客力が最も高いのはアメブロだ、とも聞いています)

いざ、始めてみると、このアドバイザーの言葉が的確であることを実感します・・・
以下、追記で。

続きを読む
トラックバック0 コメント14
ブログというものに対しての私の考え(その2)
2013-07-07-Sun  CATEGORY: 先への展望
久坂玄瑞


たきやん。です。
仕事が外仕事だったせいでしょうか、今日1日で
恐ろしいぐらいに日焼けしてしまいました。
特に顔は鬼のように真っ赤っかです・・・ (´・ω・`)
(私をプライベートでご存知の方、
元々鬼のような風貌やないか、というツッコミは禁止ですよ)


さて、1日半以上空いてしまいましたが、続きに入ります・・・
前回は、ブログで私が記事の次に重視しているのがリンクであること、
リンクを重視しているから、それに対してある程度戦略的に考えている、という
意味のことを書きました。
もう少し、話を進めてみます。

前回の記事に対して、いろいろ興味を惹くコメントを頂きました。
今回書こうとしたことが結構、含まれていたんですね。
私のコメ返の一部を抜粋しながら進めます。


まずは、1つめです。

「意識してないからこそ、

その人の本質が出る」


私のように、リンクについて戦略的に考えている人って
そうは多くないと思うんですよ。
(私の場合、考えてはいるけど結構予想外の事態が発生しています・後述します)
自分と感性が合いそうだからリンクしてみよう、OKしてみよう、
というケースが多いと思います。青字の部分が大事です。
それぞれのブロガーさんの性格はリンクにある程度出ています。


2つめは追記で・・・

続きを読む
トラックバック0 コメント2
ブログというものに対しての私の考え(その1)
2013-07-06-Sat  CATEGORY: 先への展望
みなさん、わんばんこ。じゃない、おはようございます。 (謎)
AKBの姉妹グループへのハマり方が最近著しい、たきやん。です。

一昨日はアメリカ独立記念日だったんですね。
だから何なんだ、といわれても、それ以上話は膨らまないんですが。 (^^;)


1つ前の記事で、近々スタートさせるシリーズものの記事の前に
書いておきたいことがある、と書きました。
今回は、そのうちの1つを記事にさせてもらいます。
さらっと読み流してもらえるとありがたいです。

昨日の朝、仕事前にいろんな方のブログを訪問していて、
幸せな気分になった出来事がありました。
当該ブログには先ほどコメントを残させていただいたのですが、
私を間に挟んでブロガーさん同士、新しい交流が始まりそうな
予感を感じさせるコメントを発見したんですね。
(実際は、間に入った、とかそういうことではないんですよ)
このお二方のブログと私のブログは(どちらも)最近、相互リンクしたばかりです。

これからこのお二方がどういう感じで交流していくのか、
ブロともになるなどしてもっと親しくなってもらえると私も嬉しくなります。


あ、本題は別にあります。
「リンク」についての私の考えです。
追記で書きます・・・

続きを読む
トラックバック0 コメント7
人生で巡りあった曲 ベスト10(洋楽編・後編)
2013-07-05-Fri  CATEGORY: 音楽を語る
吉田松蔭


来週末、岡山行の予定があるたきやん。です。
それが終わると少し落ち着いた日々が続きそうです。
といいながら、いろんなことに手をつけて
結局忙しがることになるのでしょうか・・・


何か、邦楽の時より皆さんの食いつきがいいような
感じがするのは気のせいでしょうか?
ぜひ、これを機に何らかの形で『世代を越えた会話』を楽しんでみて下さい。
それでこそ、この記事は報われる、というものです。

早速、ランキングの続きに行きます。




第5位・・・Sing(Carpenters)
6位に続いてブーイングの連発かもしれません。
ランクの低さ・選曲、どちらも批判の声が聞こえそうです。
世界を代表するアーティストを愚弄しているのか、と。
ランクの低さは申し訳ないですが、選曲に関しては私にも言い分があります。

「イエスタデイ・ワンス・モア」、「スーパースター」や
「トップ・オブ・ザ・ワールド」の方が確かにカーペンターズらしいかもしれないです。
しかし、元々セサミストリートのために作られたこの歌、コンサートでの
児童合唱団とのコラボをぜひ、聞いてみていただきたい。
『心が洗われる』とはどういうことか、感じることができると思います。

 

第4位・・・ I've Never Been to Me(Charlene)
「愛はかげろうのように」という邦題の方が馴染みがあると思います。
第7位の曲同様、椎名恵さんのカバーが有名です。カバー曲がまた素敵なんですね。
(『LOVE IS ALL ~愛を聴かせて~』)

シャーリーンの原曲は発売されてから売れるまでに6年もかかっていますが、椎名恵さんが
この曲を初めて聞いたときに、売上を度外視してもこの曲をカバーしたい、と
熱望した(惚れ込んだ)、というエピソードはどれぐらい知られているのでしょうか?
このエピソード、椎名恵さんがメジャーデビューする遥か前の話だそうです。
原曲も知る人がほとんどいなかった頃だそうですよ。

追記でいよいよ、ベスト3の発表です!

続きを読む
トラックバック0 コメント2
人生で巡りあった曲 ベスト10(洋楽編・前編)
2013-07-03-Wed  CATEGORY: 音楽を語る
松下村塾


たきやん。です。私は元気です。
ここで1つ、ランキングの記事を入れます。予告していた、あれです。


世界の人口って今、65億人ぐらいでしたっけ?
それら全ての人と出会うなんて、物理的に不可能です。
それと同様に、今まで発表された全ての曲と出会うのもやはり、不可能な話です。
1人1人、違った環境で違った曲を聴いてきたから
ランキングの会話が成立する、と考えているのは私だけでしょうか?
それが親子・親族など、身近な間柄であってもです。

「人生で巡りあった曲 ベスト10」を書いた理由(の1つ)は、
まずはそういう身近な間柄から世代を越えた
会話のきっかけ作りをしてみて欲しい、と思ったからです。

今、『世代間の断絶』ということがいわれる時代です。
私は、その風潮を日本史史上最悪の現象だと考えています。
これについては、新連載シリーズでまた、触れたいと思います。


どうでもいいまえがきはこれぐらいにして、私のランキング発表に行きます。
前編・後編に分けます。前編では10位から6位までを発表します。
あと、このランキング、1つだけ『縛り』を設けています。

「1アーティストにつき

ランクインは1曲のみ」


この縛りを設けないと、特定のアーティストが大量にランクインしてしまいますので。
(サイモン&ガーファンクル・・・ぼそっ)

では、追記でランキング、発表です!

続きを読む
トラックバック0 コメント5
今の私の原点・その2
2013-07-02-Tue  CATEGORY: 熱くなれ!
聖域・1


たきやん。です。
周りで早くもバテている人が続出しております。
みんな、私にこういいます。

「お前、なんでそんなにタフやねん?」

私にもなぜかわかりません。 (笑)


先ほどまで『火曜曲!』という番組を見ていました。
名曲カバーの特集だったんですが、
以前書いた気持ちが変わることはありませんでした。
(カバーは原曲を越えられない)


あと、カウンター、ちょくちょくおかしくなるんですかね?
先ほどチェックしたら、本日のアクセス数は「29」を示していました。
ところが、本日の足跡の数はそれをはるかに上回っているし(「43」)
アクセス解析でも「ユニークアクセス」の数は40を越えています。
以前も、カウンターの数のみが異様に少なく表示されることがありました。

集計は全てブログのトップページで設定しているはずなのに、
一体、どういうことなのでしょう?
この辺の事情に詳しい方、どうかお教えいただけませんか?


ということで本題に入ります。
その1とその2、カテゴリが異なります。
検索の際はご注意を。(ってそんな物好き、いないか・・・)

続きを読む
トラックバック0 コメント6
今の私の原点・その1
2013-07-02-Tue  CATEGORY: つぶやき

 

たきやん。です。

この臨時の休み(1つ前の記事をご参照下さい)がすごくいいものになりました。
昼過ぎから散歩に出かけていたのですが、今回は帰りがかなり遅くなりました・・・


散歩、といってもただの散歩ではありません。
大層な言い方をしますが、「自分というものをみつめる」ための散歩です。
私は2ヶ月に1回ぐらい、そういう感じの散歩(散策)をします。
大まかな場所と目的は決めますが、それ以外のこと(時間・具体的な場所)は
現地で思いつくままに、という感じで行動します。

最近は京都ばかりだったのですが、今回は久々に大阪市西成区にしました。
(私が京都大好き人間なのは過去の記事で書いていますし、プロフィールでも
それを匂わせることを書いています)
ブログである程度、書きたいことを書くようになった今、
本気で生きるとはどういうことなのか、生きる意味とは何なのかを
改めて、体で実感するためです。

なぜ大阪市西成区なのかは、後日改めて書かせていただきます。
散歩の中心となった場所をもっと具体的にいうならば、「釜ヶ崎」とよばれる地区です。
この地区、地図で探そうとしても分からない可能性があります。
消されている地名だからです。(この辺も合わせて後日書きます)

1つだけ今、書くとすれば、20代前半にこの地区の
人間のパワーを感じたからこそ、今の自分があるのかもしれません。
「生きる」ということに対して真剣に向き合っている人の
率は全国でもダントツだと思います。


なぜこんなことを書いたか?

1つ前の記事で書いた、私の原点となる「マンガ」も
そういう点をしっかりと取り上げたものだったからです。
こんな書き方をすると、「はだしのゲン」を想像する人もいるかもしれません。
あのマンガにも確かに感銘を受けましたが、残念ながら違います。

今の私の原点となったマンガとは、「サンクチュアリ」です。
(原作:史村翔 作画:池上遼一)
史村翔、といってもピンと来ない人も、武論尊といえば、わかる人は
それなりにいらっしゃるのではないでしょうか。(同一人物です)
あの有名なマンガ、「北斗の拳」の原作者です。

「サンクチュアリ」については、次の記事でしっかり書きたいと思います。
(すみません、このへん、予定を一部変更します)
このマンガがなければ、私は今ブログをしていることもなかったでしょう。
といいますか、この世にいなかったかもしれません。
このマンガには、本当の意味で前向きに生きる希望をもらったんです。

今回はこの辺で失礼します。
トラックバック1 コメント8
急に休みになりました
2013-07-01-Mon  CATEGORY: 予告


(動画、曲が出てくるまで30秒ぐらいかかります)


おはようございます。たきやん。です。
昨日、見事に寝落ちしました。

今日、仕事が急に休みになりました。
(昨日の朝、出勤した時にいわれました・本当に勝手な会社なんですわ)
せっかく頂いた時間なので有意義に過ごしたいと思います。
明日以降、その分、またハードスケジュールになりますので。
たまっていることもありますので、一気に進められたらいいな・・・


このあとの予定記事を少しだけ。
アップは今日の夜遅い時間になるかな。
私の記事を「熱い語り」とおっしゃって下さる方も複数いらっしゃるのですが、
当然、原点になっているものがあります。
それを紹介したいと思います。実は、マンガなんですけどね。
多分、最初で最後の私のマンガ記事になると思います。
そして、その記事は今後の記事への重要な伏線になります。

あと、近々、人生で巡りあった曲 ベスト10(洋楽編)を書きたいな、と。
邦楽以上に構成に悩みました。2回に分けることになります。
(下書きみたいな感じでは、既に出来上がっています)
第1位だけは簡単に想像できると思います。
ブログのタイトル・・・いや、何でもないです。

とりあえず、一旦、失礼します。
トラックバック0 コメント5
<< 2013/07 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


Copyright © 2017 たきやん。の Burning Heart (実験・研究室). all rights reserved.