一度は死んだ身であるこのブログの管理者が色々と実験・試してみる場所です。
たきやん。の Burning Heart (実験・研究室)
第3回大阪マラソンを振り返る・11(エピローグ)
2013-11-23-Sat  CATEGORY: スポーツ(体験談)

 

<2013年大阪マラソン、平林駅前の悲劇!
 34キロ14時38分の関門閉鎖、
 足切りの瞬間と収容>



大阪マラソン2013(第3回大阪マラソン)

2013年10月27日 午前9時

スタートラインに立った人、総勢31,249人

内 完走者:29,778人(完走率 95.3%)

沿道での応援者:約125万人


この他にも、ボランティアなどで裏方さんとして
1万人ぐらいの人が関わった、といわれています。



大阪マラソンに何らかの形で参加した全ての人にドラマがあり、
1人1人がそのドラマの主人公だった
、今、改めて思います。
自分の前日からの様子を10回分の記事を使って振り返りました。
読み返してみると恥ずかしさもありますが、新たに人生のドラマの
脚本を書く気力が湧いてきたのも事実です。

今回、このイベントに関わった全ての方に確認したいことがあります。
『大阪マラソン2013』でドラマが完結したわけではないですよね?
続きがありますよね? 新たな目標が生まれたはずですよね?
そして、皆さんは既に歩き始めている、そう信じます。


私はもう、次の目標を見つけ、

歩き出しています・・・


(うーん、カッコつけすぎですかね?)


こんにちは、たきやん。です。
仰々しい出だしで入りました。
新たな決意表明も込めてこういう出だしにしました。

フィニッシュの記事でも書きましたが、チャレンジラン完走後、
着替えが終わった後で、自分はフルマラソンを走っている人たちに
声援を送る側に回りました。
(着替え終わったのは午前11時すぎぐらいだったと思います)
チャレンジランのゴールである大阪市役所の北側が
フルマラソンのコースの一部分になっているのです。

そして、その時は忘れていたのですが、大江橋南詰の交差点は
14km(正確には13.8km)の収容ポイントでもあったのです。
この地点を午前11時35分までに通過できなければ、そこで
レースを強制終了させられてしまうのです。

完走できなかった、という悔しさが残ってしまうんです。


(強制終了の様子は冒頭の動画を参照して下さい・
 冒頭のものは34km、正確には34.2kmの収容ポイントですが)


追記で声援を送った様子を書きます。
よろしくお願いします。

緑・美



       <続きは追記で・・・>

続きを読む
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント4
第3回大阪マラソンを振り返る・10
2013-11-20-Wed  CATEGORY: スポーツ(体験談)

大阪マラソン スタート

4月4日、申し込みをしていなければ今、こういう風に
振り返る記事を書くこともありませんでした。
6月5日に『当選』のメールが送られてきて、当初は戸惑いも感じました。

「真剣に走りたいのに、落ちた人も多かったやろうな・・・」

それだけに、いい加減な状態で参加してはいけない!
そう思い、自分なりに取り組んできました。



10月27日、午前9時。
いい状態でスタートラインに立ち、レースが始まりました。
途中、いろいろと気持ちの揺れ動きはありましたが、
歩いたり立ち止まったりすることなく走り続けています。

特に3kmを過ぎたあたりで2人のペースセッターを見つけて、
2人に付いた後は、ずっといいテンションを保つことができました。
御堂筋に入った後は、未知の領域との戦いのはずだったんですが、
(前回の記事をご参照下さい)そんなことは全く気にならず、
むしろ、10km・20kmと走り続けられそうな気がしていました。

ところが、自分がエントリーしたのは『チャレンジラン』、
8.8kmでレースは終わります。
そう、間もなく自分の『第3回大阪マラソン』は
終わりを告げるわけです・・・


このまま、フルマラソンに切り替えられないだろうか?
それとも、時間が止まってくれないだろうか?

まだ、終わりたくない!



 

<楽しかった! 苦しかった! ・・
それぞれの2013大阪マラソン >


こんにちは、たきやん。です。
前回、7.5kmの給水ポイントまで打ちました。
今回の記事でここまで打った文句は、8kmのポイントを
過ぎたあたりでの自分の心境です。

とりあえず、フィニッシュラインを通過するところまで打っていきます。

チャレンジラン フィニッシュ 2

2人のペースセッターさんに付いたときの私の当初の予定、
覚えている方はいらっしゃいますかね?

「とりあえず2人に付いて力を溜めて、
 適当なところでスピードアップする」


実際、ゆうこりんには上本町を過ぎたあたり(4km過ぎの地点)で
それを匂わせることを話していました。
ところが、あまりにも楽しいのと、ペースが自分に合いすぎていたのとが
重なって、スピードアップするタイミングをずっと失っていました。



最後まで楽しむことに専念するのか、少しは出し切って終わるのか。
心の揺れ動きがありました。
それが、冒頭にあった「まだ、終わりたくない!」の
真意の1つでもありました。

心斎橋のあたりで、「本町を過ぎたらスパートしようと思います。」 
一度は宣言しました。

「そうですね、全てを出し切って
最高の気分でゴールしましょう!」


ゆうこりんのこの言葉に元気と勇気がさらに倍増しました。
ところが、本町を過ぎても、すぐには決断できずに2人に付いていました。
『平野町』の文字が見えたあたりで・・・決意しました。

続きは追記でお願いします。


       <続きは追記で・・・>

続きを読む
トラックバック0 コメント0
第3回大阪マラソンを振り返る・9
2013-11-19-Tue  CATEGORY: スポーツ(体験談)

[大阪マラソンのコース]

 

まずは、大阪マラソンのコース図をリンクで貼り、
次にコース紹介の動画を貼らせていただきました。
(今までちゃんとしたコース紹介をしてないことに気付きました。
 遅ればせながら、紹介の意味も込めて貼っておきます。)


こんにちは。たきやん。です。
特に、動画で御堂筋を北上する様子をイメージしながら
今回の記事を読んでいただきたいのですが・・・

その前に、ここ数回の話で主役を務めた
2人のペースセッターさん達を紹介させて下さい。
今回、全部で26名のペースセッターさんがコースを走りました。
皆さん、ミズノランニングクラブ所属の方々です。
(改めて書きます、私が付いたのは6時間設定・男女のペアです)


まずは、『Sっ気満載な天使』、
(なんちゅうキャッチフレーズや! というツッコミは一切受け付けません)

ゆうこりん!

ここでついに女性の方の名前を出しました・・・
(が、さすがにフルネームは出せません)
ニックネームですが、下の名前は容易に想像できるでしょう。
フルマラソンのベストタイムは「3時間9分21秒」!
それだけでなく、さらに長い距離を走るウルトラマラソンでも
好記録をお持ちです。

以前も書きましたが、過去2回の大阪マラソンでも
ペースセッターを務め、数多くの名言とコース中の名所の
観光案内で多くのランナーを虜にしたようです。
(実際に走られた方のブログで複数、
 彼女のことが書かれた記事を発見しています)

自分は聞けませんでしたが、フルマラソンを走られた方、
今回も観光案内はあったのでしょうか?

第1回では4時間、第2回・第3回では6時間のペースセッターでしたが、
来年・第4回ではどの時間を担当するのでしょうか?
(あ、来年の開催は既に決まっています・10月26日だそうです)
以下の文では、彼女のことは「ゆうこりん」と書かせてもらいますね。


引き続いて、男性の・・・
といいたいんですが、名前を失念しまして。
しかも、いくらググっても彼のデータが出てこないんですわ。 (泣)

彼、ペースセッターは今回が初めて、そしてフルマラソンを走ったことはない、と
言っていましたが、(私との会話では10kmも経験なし、と
言っていた記憶があります)それは絶対嘘や、と私は思っております。
なんだかんだいって、すごく余裕のある走りでしたし。
息も乱れることなく、ランナーに安心感を与えていた印象があります。

ゆうこりんの印象があまりにも強すぎて、影が薄い存在に
なってしまっていますが、彼も信頼度は高いはずです。
パートナーが信頼できるからこそ、ゆうこりんのよさが
一層引き立ったんだ、と振り返ってみて思います。



うわー、軽い紹介のつもりやったのに・・・
ガッツリと書いてしまった・・・
改めて、追記で今回の記事に入っていきます。
よろしくお願いします。


       <続きは追記で・・・>

続きを読む
トラックバック0 コメント2
第3回大阪マラソンを振り返る・8
2013-11-18-Mon  CATEGORY: スポーツ(体験談)

こんにちは。たきやん。です。

昨日は第3回神戸マラソンが行われました。
走られたランナーの皆さん、沿道などで応援された皆さん、お疲れ様でした。
大阪マラソン同様、1人1人にドラマがあったと確信しています。
いくつかブログの記事をチェックして、それは十分感じられました!


少し間が開きましたが、大阪マラソンを振り返る記事、再開します。
(といっても、あと2~3回で終わってしまうんですが)
念のために書いておきますが、一連の振り返る記事は
カテゴリ「スポーツ(体験談)」にまとめています。
一応、そのカテゴリをリンクさせておきます。

『スポーツ(体験談)』



<TMN / RHYTHM RED BEAT BLACK >


苦しく感じながら走っていたときに、天からの贈り物のような感じで現れた、
フルマラソンを6時間で完走ペースの2人のペースセッターさん。
あ、男女ペア、というのを頭に入れながら読んでいって下さいね。

(大層ですかね? 振り返った上での自分の率直な感想です)

2人について走っているうちに、下味原(鶴橋)の交差点を
右折し、千日前通に入りました。
交差点を右折した直後、上本町あたりまで上り坂になります。
この上り坂、それなりにきつい坂で、日頃から鍛えてない人は
間違いなく洗礼を受けることになります。

大阪近辺の方、機会があれば鶴橋から上本町に向かって
千日前通を歩いてみて下さい。
1kmほどの短いコースですが、それだけでいい運動になるはずです。

去年・一昨年と、裏方の仕事で自転車でこの坂を走ったんですが、
当時は全然鍛えていなかったので、翌日までダメージが残りました・・・
(当日もかなり苦しみました、それを思い出すと裏方の仕事の様子も
 同時に思い出し、今でも不快感が襲ってきます)

一瞬、裏方の時の悪夢がよみがえりかけましたが、ペースセッターさんの
掛け声・それに対する自分の返答が悪夢に打ち勝ちました。
(その様子は『第3回大阪マラソンを振り返る・7』をご参照下さい)

ペースメーカーさんと会話をし、掛け声のやり取りをしながら
走っているうちに、上り坂が終わってしまいました。
女性のペースメーカーさんの掛け声に対する自分たちの返事の声の大きさ、
傍から見ていたら怪しい集団だったかもしれません。
上本町を過ぎると、今度は下り坂になります。

上りよりも下りの方が勾配が急なんです。
流れに任せるとスピードが上がり、一見遅れを取り戻せるような気がします。
しかし、同時に筋肉へのダメージを一気に与えることになります。

以前も書きましたが、トレーニングでそれを痛感していたので、
あえてブレーキをかけながら走っていました。
(後で振り返ると、ペースメーカーさんたちもそういう風な
 走りをしていたように思います)

下りが終わるとすぐに5kmのポイント。
ここで、ある不安が頭をよぎりました。

下りの最中にペースメーカーさんとの会話の中で
その不安について話していたのですが・・・
追記で続きを書かせてもらいます・・・


       <続きは追記で・・・>

続きを読む
トラックバック0 コメント0
第3回大阪マラソンを振り返る・7
2013-11-12-Tue  CATEGORY: スポーツ(体験談)
高杉晋作


『グロスタイム』 

競技規則による公式のタイム。
(号砲が鳴ってからゴールラインに到達するまでの時間、
 と認識するといいと思います)


『ネットタイム』

スタートラインを通過してから
ゴールラインに到達するまでにかかった時間。



毎度です。たきやん。です。

今日、注文していた読売新聞の大阪マラソン特別版が届きました。
ちなみに、参加者は事前に無料で申し込むことができます。
それには、全完走者のネットタイムと順位が掲載されています。
(順位はネットタイムでの順位です・公式の順位ではありません)
グロスタイムは、公式ページで調べていたので、
スタートラインを通過した時間もこれで分かりました。
最後にもう1回書きますが、今、とりあえずこの場で書いておきます。

グロスタイム:1時間33分24秒
ネットタイム:1時間06分00秒
スタートライン通過:午前9時27分24秒



もう少し、お馬鹿なことを書かせて下さい。
ネットタイムの順位ですが、チャレンジランに参加した男性の中で

『848位』だったようです。

(何人中の順位だったかは、
フィニッシュの記事で書かせてもらいます)


下2桁が『48』、AKBグループを愛する
私には最高の順位でした!
  (自爆)
(お前は高橋みなみ総監督か、と
 いうツッコミは・・・大いに歓迎です!)



お馬鹿なネタはこの辺にして・・・追記で前回の続きに入ります。


       <続きは追記で・・・>

湯豆腐

続きを読む
トラックバック0 コメント0
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Copyright © 2017 たきやん。の Burning Heart (実験・研究室). all rights reserved.