一度は死んだ身であるこのブログの管理者が色々と実験・試してみる場所です。
たきやん。の Burning Heart (実験・研究室)
それが自然なら疲れない
2013-12-08-Sun  CATEGORY: 芸能人を語る

高杉晋作


冬という季節をを嫌でも意識させられる
今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
こんにちは。たきやん。です。

以前から出しそびれていた語りをここで出します。
ブログ開設当時から用意していたネタで、
最後まで書かずに残っていたものです。
(但し、今回は本来用意していたものを
 かなり端折って、短縮バージョンでお届けします)

 

<SMAP  オレンジ>
(著作権の都合で原曲と音が異なります)


突然ですが、皆さんは『ジャニーズ事務所』及び
そこに所属しているタレントさんにどういうイメージをお持ちですか?

いきなりですが、私が持っているイメージを簡単に書きます。

『作られたものかもしれないけど、やっぱりカッコいい!
 驕ることなく、成長しようとする姿勢は見本とするべきものである。』


ジャニーズ事務所に詳しくない方でも、
所属するタレントさんを挙げていけば、
全く知らないよ、という方はおそらくいないと思うんですね。
昔、在籍していた人物を挙げればなおさらだと思います。
(はなまるマーケットの薬丸裕英さんや
 郷ひろみさんも元は、ジャニーズ事務所所属だったんですよ)



ここで、多くの方がおそらく認識違いしているであろうことを
トリビアとして、こそっと書いておきますね。

『ジャニーズ事務所は、
アイドル養成事務所ではない』 (ぼそっ)


ジャニーズ事務所は、元々は
『ミュージカルタレント養成事務所』なんです。
アイドルを育成することを主の目的としているわけではありません。

ある時期からかなり方針を変更しているようにも見えますが。
現状の活動では、『アイドル養成所』と認識されてもおかしくないですし、
それを事務所側も受け入れているのかもしれません・・・

話がそれました。
今日のタイトルは、ジャニーズ事務所の某グループの人物が絡みます。
それで事務所の話を出したわけなんですが・・・
よろしければ、追記でどうぞお付き合い下さい。


       <続きは追記で・・・>

続きを読む
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
第4回AKBじゃんけん大会の優勝者
2013-09-20-Fri  CATEGORY: 芸能人を語る
 

この記事は予約投稿です。記事が上がっている時間、私は仕事中です。
土曜日(21日)の昼以降、少しまとまった時間が取れそうな気配です。
溜まっていることをいろいろ片付けよう(やっていこう)と思います。
(当然、ブログもね・・・先送りしているネタがあまりにもありすぎるので)
その前に、もう1つ、つなぎの記事を挟ませて下さい。


こんにちは。たきやん。です。
公私ともにスケジュールが厳しく、小刻みにしか時間がとれません。

先日フジテレビ系列で放送されたAKBのじゃんけん大会、
条件がよかったにも関わらず、視聴率があまり・・・
いや、なんでもないです。
反発もあるでしょうが、メンバーの知名度を5段階評価していた点は
評価されてもよかった、と思います。



優勝者の『松井珠理奈(まついじゅりな)』さんの
プロフィールを貼っておきます。
彼女については、後日改めて語らせていただきます。

ちなみに、私はAKBグループ全メンバーの中で3番目に推しています。
冒頭に貼った動画をじっくり見てもらえると、
彼女のステージ映えぶり・芸能人オーラが伝わるかと思います。
(今存在するアイドルの中では、ずば抜けていると思っています・
 後日の記事では、その辺を中心に話を進める予定です)



『松井珠理奈』

『松井珠理奈(ウイキ)』

それでは、失礼します。

続きを読む
トラックバック0 コメント4
まりこさま 卒業(エピローグ)
2013-06-29-Sat  CATEGORY: 芸能人を語る
まりこさま


たきやん。です。
AKBグループに興味があまりない方も
ここに結構来て下さっているようで・・・
今回も含めて3回も付き合わせて申し訳ありません。

これを機にちょっとでも注目して下されば、この記事も報われる・・・
とやっちゃってはいけないんですね、すみません。
本題に入ります。


まずは、前回の記事のダイジェストから。

『ただ、1つだけ、完全には納得がいかない部分があります。
去年の総選挙結果発表の時、スピーチでこんな言葉を残しています。

「席を譲らないと上に上がれないメンバーは、AKB48では
勝てないと思います。潰すつもりで来て下さい。」


その時、どういう考えがあって彼女がこの言葉を言ったか、
その真意は私にはわかりません。
ただ、この言葉を残したからには、向かってきたメンバーと戦う
(切磋琢磨する、といういい方でもいいです)責任があると思うんです。
それが本当にできていたのか、疑問を感じざるを得ません。』

具体的に書きます。
『まりこさま』の言葉を受けて、具体的に行動に移そうとした
メンバーはたくさんいるようです。
その代表格とされるメンバー2人を挙げます。

SKE48:松井珠理奈(以下、じゅりな、と書かせてもらいます)
NMB48:山本彩(以下、さや姉、と書かせてもらいます)  

どちらも、それぞれのグループの代表格のメンバーです・・・
(以下、追記で)

続きを読む
トラックバック0 コメント4
まりこさま、卒業!(まだ少しだけ後ですが)
2013-06-28-Fri  CATEGORY: 芸能人を語る
まりこさま


たきやん。です。本を大量購入しました。
普段からある程度のインプット・読書をしておかないと、
元々、文章作成能力が低いのですぐに行き詰まるんですよ。
(ネタはあれども文章にできず・・・最近、この状態に苦しんでいます)


本題に入ります。

「完全な勝ち逃げを狙ったな・・・」

1つ前の記事の最後の方で書きました。
『まりこさま』(篠田麻里子さんのことです、念の為)が
勝ち組と考える根拠を最初に書きます。

過去、AKB選抜総選挙は5回、行われました。
その中で5回とも「神7」とよばれる上位7人にランク付けされたのは3人しかいません。
そのうちの1人が『まりこさま』です。
AKBグループって、卒業生も含めると300人を超えます。
その中で3人しか達成していない、そのうちの1人です。
これを勝ち組といわずして、何というのでしょう?

注:ちなみに、残りの2人は大島優子さん渡辺麻友さんです。
  実は、3人ともずっとベスト5を外していません。
  前田敦子さんは第3回までしか出てませんし、他に知名度が
  それなりにあるメンバーでいえば、高橋みなみさん・小嶋陽菜さんは
  今回、ついに「神7」から漏れてしまいました。

追記でもう少し、話を進めます・・・

続きを読む
トラックバック0 コメント2
「まりこさま 卒業」 プロローグ
2013-06-27-Thu  CATEGORY: 芸能人を語る
まりこさま2

たきやん。です。

実は、今の仕事でいろいろあって、少々気が滅入りかけております。
(以前から何かと問題の多い職場・会社なんですが、ここにきて
問題点が一気に噴出しているようです)
仕事での問題がプライベートに少しづつ悪い影響を及ぼしているのかもしれません。
とりあえず、いろんなことを再度、見直してみたいと思います。

詳細は今は書きません。気が向けば少しづつ出していきます。
(職場・会社の人間はおそらく、このブログの存在を知りませんので
吐露するのは問題なさそうですし)
場合によっては、「リセット」する事項もあるかもしれません・・・

愚痴ってすみません。
とりあえず、気分を高めて少しだけ、前に進んでみます。
あと、「自分の誇り」を捨てることなく、軸をぶれさせないように・・・

では、本記事に入ります。
「プロローグ」なんで、あっさり終わります。

続きを読む
トラックバック0 コメント3
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Copyright © 2017 たきやん。の Burning Heart (実験・研究室). all rights reserved.