一度は死んだ身であるこのブログの管理者が色々と実験・試してみる場所です。
たきやん。の Burning Heart (実験・研究室)
今後への準備・その2
2018-04-09-Mon  CATEGORY: 未分類
わんばんこ。たきやん。です。
前回の記事で、このブログを今後へ向けての
「自叙伝・反省記」として使う、と書きました。

記録は、2014年11月10日、ほぼ全てを
捨てたところからのスタート。
自分の恥もトコトンまで晒す予定。

自分の例のように、極端なところまで
いくケースはそうそうない、と思います。
(そして、人としてやってはいけない
 見本、でもあります)

しかし、精神的に極限まで追い込まれそうに
なった時、私が今後晒す記事は何かの
参考になる部分が必ずや、あると確信します。



「自叙伝・反省記」に入る前に、背景を書いておきますね。

2014年6月、縁がありまして京都の方で
派遣ではありますが、製造業に就く機会がありました。
念願である、「京都暮らし」もその時に実現したんです。
人生の中で、最も浮かれた時期だったかもしれません。

でも、それは長くは続きませんでした。
仕事の技術習得がうまくいかない・・・
職場の雰囲気になんか馴染めない・・・
周りが変にプレッシャーをかけ続けている気がしたんですね。

自分の中で、それを勝手に重みとして感じるようになりました。
それが、「生きること」に対するつらさにまでなったんですね。
9月頃から、「自分で命を絶つ」ことまで考えるようになりました。

ただ、それを周囲に悟られるのは、「完全に敗北を認める」
気がしてどうしても許せなかった。
自分なりのホンマにくだらない意地です。
自分を殺す、そういう日々を送っていました。
今ならば、そんな自分に喝を入れ、
適切な助言すら出来る、とは思いますが。

寮の最寄りのJRの駅のホームに立ち、
来た電車に飛び込もう、と考えたことは
1度や2度ではありませんでした。
でも、出来なかった。

「俺、どこまで
あかんたれやねん!」
自分に対して、ホンマ、
不甲斐無さしか感じなかった。


「Dead or alive?」
9月以降、ずっと、その問いかけを
自分にしていた。



そして、2014年11月10日。
自分なりのある決断を
することになるんです。


ホンマ、決断、というほどの価値すら
ない行動ではあるんですが。
ただ、「自分で命を絶つ」という選択は
してはいけない、と思ったが故の
行動でしかないんですが・・・


次回から、本格的に自叙伝を展開していきます。
ガッツリと追記します。
物好きな方、そちらもお付き合い下さると嬉しいです。

続きを読む
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
再度の方向転換
2018-03-31-Sat  CATEGORY: 未分類
こんにちは。たきやん。です。

まずは、少々自分を晒した上で・・・
ちょっと余興にお付き合い下さい。
(数日前にFacebookで、ほぼ同じことを書いてます)



2014年11月10日
自分の人生に完全に失意を感じ、
一度はほぼすべてのものを捨てた。
その後、徐々に気持ちは癒されていく。

2016年11月25日
自分の気持ちが一気に前向きになるきっかけを
元・同僚とその知人から頂いた。
紆余曲折はあったものの、今年に入り、
自分が元々描いていた人生(夢・目標)への
道筋が開けた、と感じ始めたのだが・・・

2018年3月23日
憲法でいう「生存権」を奪われかねない事態が発生。
完全に自業自得である。言い訳はできない。


そこから一週間ほどが経ち…
頭から煙が噴き出るほど苦悩、考え倒した自分がいる。
出した結論…

何もしない、これが一番自分の人生を「詰ませてしまう」と感じた。
できることはすべてやってみる、トコトンまで諦めずに
もがききる、今の自分にはこれしかない。


ブログを使って今の自分が出来ることは何か?

こちらの実験室で、2014年11月10日から
今までを振り返り、反省点、今後への活かし方を
トコトンまで曝け出していこうと思います。



「自叙伝 兼 今のリアル たきやん。」

当分の間、こちらのブログはそういう使い方をします。
次回の記事からそうしていきます。

では、もう1つの方(目指せ! 平成の松下村塾)は?
この後すぐ、あちらで書かせてもらいますわ。


2020年7月24日、私が50歳になる日、そして、
東京オリンピック開会式の日。
どういう状態でその日を迎えるのか?
早くも、最大の試練・正念場がやってきてしまってます。

以前の自分なら、完全に捨て鉢になって
「世捨て人」への道、まっしぐらやったと思うんです。
でも、今回は諦めの気持ちは全くなくて。


まあ、失敗したら笑ってやって下さい、としか
今は言えないですね。

今回はこの辺で。

トラックバック0 コメント0
コメントでセンスを知る(In Facebook)
2018-03-18-Sun  CATEGORY: 未分類
たきやん。でございます。
今回の記事は、Facebookでのお話。
ブログとはあまり関係のない、呟きです。

「あいさつおじさん(おばさん)」と揶揄される人たち。
記事もろくすっぽ読まずにコメントしてるんだろうな。
コメントの内容は、あいさつのみ。

リアルの場なら、それで通用する場面もいくらでもある。
ただ、オンラインの場では、ある意味、
「ウザく」感じる場合すらある。
勇気ある発信者の記事を汚していることもある。

発信がしっかりした内容なら、まだ救われる。
ただ・・・
そういう方の発信って、

「毒にも薬にもならないしょうもない」
ものであることが多い。
まだ、発信していればいい。
最悪、発信してないケースすらある。

Facebookって、本来は
コミュニケーションツールのはず。
(SNS全てがそうなんですけどね)
コミュニケーションって、
自分のみでは成り立たない。
相手に向き合ってこそ、
相手の気持ちを考えてこそ
成立するもののはず。


「あいさつおじさん(おばさん)」がなぜ揶揄されるのか?
上で書いた、赤字の部分が分かってないから。
自分のエゴのみで「あいさつコメント」を
付けているから。


Facebookの運営・友達認証の方針を
大きく変えようと思っています。
その前に、少し呟いてみました。
トラックバック0 コメント0
FC2トラックバックテーマ 第2392回「ついに来た…花粉症の時期!」
2018-03-10-Sat  CATEGORY: 未分類

FC2トラックバックテーマ 第2392回「ついに来た…花粉症の時期!」



たきやん。でございます。
トラックバックがあまりにもタイムリーですね。
使わせて頂きましょう!


私は、花粉症が今のように騒がれる前からの
花粉症持ちなんですね。
30年ぐらいの付き合いになりますかね・・・

はじめは、風邪かな、と思っていたんですが、
ヒノキの時期になるたびに症状が重くなるんですね。
30年ほど前は、世間では「花粉症」という概念はなくて。
医者のところにいっても、風邪薬が処方されていたんですよ。

はじめはヒノキだけだったんですが、15年ほど前から
スギの方もひどくなりだして…
この時期は憂鬱でしかなかったんですよ。
毎年、2月のはじめ、花粉のはしりの時期から
5月頭ごろまで・・・ホンマ、嫌になりますよ。


と、一昨年まではそうだったんですが・・・
なぜか、去年から、症状がかなり、軽くなったんですね。
原因は大体、わかってます。

確信が持てない、そして、とある法律に触れるので
これ以上は書けませんが。


「ビタミンC」+「コラーゲン」=「花粉症の軽減」
らしいです。

それでは。

トラックバック0 コメント0
半端ない熱さ
2018-02-23-Fri  CATEGORY: 未分類

こんにちは。たきやん。です。
近況報告だけ書いておきます。

最近、「成功者」と呼ばれる方の考えに
触れる機会が異様に増えました。
共通しているのが・・・

インプット・アウトプットの量が
とにかく、エグすぎる。
そして、行動が早い!

今は、完全に消化不良の状態です、正直な話。
でも、必ず、近いうちにせめて
消化不良にならないレベルまで
上げる、上げてみせる!


私が好きなクイズの世界でもそうです。
「最強のクイズ王が、
最も努力している!」

自分はまだまだ努力できる、これだけは
確実なんで、やるしかないです。


それでは。
トラックバック0 コメント0
<< 2018/04 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Copyright © 2018 たきやん。の Burning Heart (実験・研究室). all rights reserved.