一度は死んだ身であるこのブログの管理者が色々と実験・試してみる場所です。
たきやん。の Burning Heart (実験・研究室)
『トレンド』と『ブーム』
2017-05-22-Mon  CATEGORY: 未分類

おはようございます。たきやん。です。

今回の記事は、今連載中の
「副業とは?」シリーズの
スピンオフと捉えて頂きたいです。


『トレンド』と『ブーム』、
似て非なる言葉です。
ストレートに書きます。

『トレンド』には永続性があり、
『ブーム』にはそれがない。
これに尽きると思います。


何でこんな発信か?

何事においてもそうなんですが、
永続的なものを求める姿勢を強く持ってないと
結局は上手くいかない、と考えるからです。
繁栄・素敵な生活(人生)もない。

『ブーム』が上手く当たって、一時的に
繁栄を謳歌する人達は確かにいますよ。
また、見た目も凄く心地よいので、
周り(世間一般)も騙されるんですね。

ただ、そういう人達の末路は
いかがなものなのでしょう?


それにも関わらず、『トレンド』じゃなく、
『ブーム』を仕掛ける。
求める側も同様です。

今の日本、増々、その傾向は
強くなっているのではないでしょうか?
SNSの世界を見ると凄く、それを感じます。


実はこれ、世界の流れとは
逆行しているんですよね。
誰かが意図的にそういう風に
持っていってるのでしょうか?

それでも、今後の日本で生き残り、
繁栄を謳歌しようと思うのならば、
『ブーム』ではなく、『トレンド』を
求め、作ろうとする、これしかない、と
私は確信しています。

例え、今の時代の流れに逆行することに
なろうとも…


「目先のことだけでなく、5年・10年先を
 見据えたもの、それが真の
 『トレンド』です」

芸能界だと、た○し軍団が最高のお手本に
なるんじゃないでしょうか。
トップがしっかりとした『心』を持っていて、
セカンド以降(弟子)にそれがしっかりと
継承されている。
だから、一時的なブームで終わらず、
今でも需要があり続ける。

た○し軍団の本当に凄いところは、その需要が
芸能界に留まらないところなんですよ。
(ここでは、東国原英夫さんのことを
 言っています)


『心』を磨きあげ、色々と勉強し続け、
未来を見据え、『トレンド』を求め、
作ろうとする、私が今後、進む方向です!

楽ではない、蕀の道を進むことに
なるでしょうが…
道を切り開いた時の爽快感は、おそらく
今まで全く味わったことのない、
最高のものになるのでしょう。
それを妄想すると、本当に楽しみです!


失礼します。
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
副業って?(その2)
2017-05-19-Fri  CATEGORY: 未分類

こんにちは。たきやん。です。

突然ですが、皆さんに今から9つ、
質問させて頂きます。
「はい」か「いいえ」で構いません。
答えてみて下さい。

(社会人の方をターゲットとした質問ですが、
 学生さんは「仕事」の部分を
 「勉強」「学問」に置き換えてみて下さい)


1.今している仕事の目的を即答できるか?

2.その仕事に集中して取り組めているか?

3.仕事に30分以上没頭して
 周りが見えなくなることがあるか?

4.その仕事をしていて1日を短く感じるか?

5.その仕事から得られた成果について
 即答できるか?

6.その仕事をする中で未知への挑戦が多いか?

7.仕事のスケジュールや内容を
 コントロールできるか?

8.誰かに邪魔されにくい仕事か?

9.同じ給料が自動的にもらえるようになっても
 今の仕事を続けるか?


1・5・9の全てに即答で「はい!」と
答えられる方は、直ぐにSNSで紹介されている
ビジネスや投資の話、ネットワークビジネス(Amwayに代表されるやつです)に着手しても、
きっと、大きな成果を挙げられる筈です。


しかし、特に1で「いいえ」となった方…

悪いことはいいません。
その手の話が来ても、『今は』見合わせた
(断った)方がいいですね。
いいようにカモにされるのがオチです!

私の周りでも、いいようにカモられている人は
やはり、1の質問で「はい」と言えない、
そして、現実逃避の為にその手の話を聞き、
『楽して金儲け』と考えてしまうんですね。
結果、「騙された」、となる。


『今は』と書きました。
今後、目的意識を持って仕事に当たれば
いい、ということです。

ここから更に厳しいことを書きます。

もし、今後もその姿勢が持てないのなら…
「不労収入」「権利収入」への道は諦めて、
追加のアルバイトで副収入を得る、
それが経済的に豊かになる
唯一の方法でしょうね…

あ、もう1つありますね。

「宝くじ(億単位の当選金)を当てる」

まあ、雷に打たれるのとほぼ、確率が同じ
(絶望的に低い)と言われていますが。


う~ん、我ながら厳しい書き方、
自分の首を絞めてしまってます。

でも、現実なんですよね。


もう1つ、厳しいことを。
去年の年末(確か、12月26日だったと思います)
の日本経済新聞の1面で、国が副業を推奨、
という記事が大きく出ていました。

チャンス、と楽観視してもいいとは思います。
しかし、国や企業がこういうサインを
出している、と考える方が安全でしょうね。


『あなたたちの収入は今以上
 引き上げられません。
 自分で稼いで下さい!』

国も企業も私達を突き放した(見捨てた)と
捉える方が安全だと思います。

だからこそ、『自分の身は自分で守る』為の
防衛策として、今、「副業」が必要だ、と
言われるわけでしょう。


だらだらと心構えを長く書きました。
もう少し、副業の連載、続けます。
次から、今、自分が勉強・実践していることを
具体的に書いてみよう、と思います。


今回の本記事、これにてクローズです。
失礼します。

トラックバック0 コメント0
副業って?(その1)
2017-05-14-Sun  CATEGORY: 未分類

こんにちは。たきやん。です。
1週間ぶりの更新です。
このブログ、当分はこんな感じでの
更新になると思います。
あと、スマホからの更新が中心になるかな。

本記事に入ります。
1回目は軽くいきます。
(もう1つのブログと入り方が一緒やん、って?
 気にしない、気にしない…)

今回は心構えのみになります。
ここでは便宜上、『副業』という言葉を
使わせて頂きますが…

あ、『副業』という言葉を
「複数の収入源を得る為の手段」という意味で
語るなら、そんな意識で当たってもきっと、
上手くいかないでしょう。
いきなり、厳しい書き方をさせて頂きますが。

この内容で数回連載の予定でいます。
次回には、なぜ今、『副業』が必要なのか、
ということを書かせて頂くつもりです。

そこでも再度、書きますが、
『副業』をするには、それなりの覚悟・体力が
必要だ、と自分は考えて(感じて)います。

そして、永続的に結果を出すこと、今後、
その重要性は増々高まることでしょう。

このブログで今後、甘い言葉をいうつもりは
一切、ありません。実体験で得た、
厳しい現実をビシバシ、書く予定です。

その第1弾がこれです。
『SNSなどでいわれるビジネス・投資の話は
 人を食い物にするか、されるかの戦いが
 大半を占めている』
軽い気持ちで始めると、食い物にされる
側になるのは目に見えています。
例はこれからの連載で書かせて頂きます。

全てがそうだ、とは言いません。
中には、本物のビジネス・投資の話もあります。
でも、とてつもない努力(頑張り・覚悟)を
持ってその事柄に当たる必要があります。

最低でも今、就いている仕事と
(学生さんなら勉強ですね)同じだけの
頑張り(熱意)が必要になりますね。
自分も今、日々、精進中の身です。

国も『副業』を推奨するご時世ですが、
片手間でやっても、一発屋になれる可能性は
ありますが、そこで終わる、そして
成れの果ては…(以下、自粛します)

既に、自分の身近でもそういう例が
出始めています。

最後に以下のことを強調して、
今回の記事はクローズです。

『甘い考え・今の仕事からの逃げの姿勢で
 副業を検討しても、無駄である』
『副業で結果を継続して出している人達は
 世間でいう、「社畜」の時期を
 経験している』

失礼します。
トラックバック0 コメント0
今後の展開(その3)
2017-05-08-Mon  CATEGORY: 未分類
こんにちは。たきやん。です。
以前、「こことのリンクを外すことを推奨します」と
書いた理由を明かします。


今後、このブログは世間でいう『副業』を
メインテーマとして扱う予定でいます。

だから、「消し去ることはありえない」んですよ。

6月以降はほぼ全ての記事がそうなると思います。
いわゆる、「ビジネス」色もかなり濃くなると思います。
だからこそ、興味のない方には今の内に
「回れ右」をしていて貰いたいんですね。

近いうちに、『副業って何?』というテーマで
記事を打たせて頂きますので、そこで少しでも
拒絶反応を示された場合、今後、本当に
このブログに対しては「回れ右」でお願いします。

但し、他のブログ、
特に(目指せ、平成の松下村塾)では
以前のようなスタンスを貫きますし、
『素敵な絆・繋がり』を
重視した運営でいきます。



あ、1つだけ先に宣言しておきますね。
SNS(Twitter・FACEBOOK・Instagram・LINE)でよくある、
なりふり構わない勧誘行為は一切行うつもりはありません。
これはお約束させて頂きます。
私の中で決めているルールです。


なぜか、というのも『副業って何?』の中で書きます。
それは、本来のビジネス活動のルール、原則、定義でもあるのですが。

追記で、今後の(目指せ、平成の松下村塾)のスタイルを
少し、紹介させて下さい。宜しくお願い致します。

続きを読む
トラックバック0 コメント0
今後の展開(その2)
2017-05-08-Mon  CATEGORY: 未分類

こんにちは。たきやん。です。

ブログ再開を思い浮かべたのは今年の年頭です。
具体的にプランを立て始めたのは3月の半ばでした。

プランを立て始めてから再開までにタイムラグがあるのは何故か?
それも含めて今後、どうしたいかを語っていきます。

新ブログで昨日、『Facebookで準備・実験をした』と書かせて頂きました。そして、イケる、と思ったから再開した、とも書きました。

ということは、このまま完全に消え去る可能性もあったのか?
その通りです。実験して、少しでも納得がいかなかったら完全に消え去って、世捨て人への道、と考えていました。

でも、逆に言わせてもらうなら、それなりに腹を括って準備・実験もさせて頂きましたし、その姿勢があれば何らかの形で成果(結果)が見える、今後への課題・すべきこと、そのルートも呈示される、ということも改めて勉強させて頂きました。

とりあえず、2つのブログをスタート(再開)致しました。
この後、少なくともあと2つ、追加でブログ運営を致します。全てのブログで違う目的があります。それぞれのブログの立ち上げ時に目的は発表します。(1つはアメブロ、と決めています。その目的はただ1つ、人集めです。集客、と考えて頂いて結構です。)

少なくとも4つ、同時にブログを運営する。
大丈夫か? と思う方も多いでしょう。前回は2つでも中途半端になりましたから。
でも、今回は前回の失敗も活かせる、そして、複数の運営でそれぞれに相乗効果が期待できる、そう思ったから再開したわけです。
(これは思う、というレベルじゃないですね、確信です)

でも、いきなり4つではありません。
自分の誕生日を目処に、基礎を固めていきます。
そこが最速、9月初めまでに4つ(あくまでも少なくとも、です)、回転させます。

身体と頭がしっかりと動くうちに、ガムシャラに動いて、2020年までに一花咲かせる。
今のFacebookの自己紹介の文にも書いています。
今年はその基礎固めの年、と決めています。
何事も、基礎固めの時が一番キツイ(しんどい、ではありません)んですよね。でも、真の意味でその辺は腹を括りました。

Dead or alive?

自分に問いかけて、鮮烈に、メイチで邁進していくだけ。今はこれだけです!
これからも、宜しくお願い致します。

失礼します。
トラックバック0 コメント0
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


Copyright © 2017 たきやん。の Burning Heart (実験・研究室). all rights reserved.