40過ぎのオヤジの「熱い」語りです。「生暖かい」目で見守って下さい・・・
たきやん。の Burning Heart
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チャンスの順番と掴みかた
2014-03-08-Sat  CATEGORY: 熱くなれ!

 

<Survivor  Burning heart>


  この記事は、2014年1月1日に書いたものです。

  この記事は私自身へのメッセージであり、
  皆さんに伝えたい熱い思いでもあります。
  自分はこう動きたい、という決意表明でもあります。



吉田松蔭


こんにちは。たきやん。です。
2020年に東京でオリンピックが開催される、
と決まって早くも4ヶ月が経ちます。

決まったときは、賛否両論ありましたが、それなりに
皆さん、熱い思いを持っていたと思うんですね。


『今も、その時の熱い

気持ちはありますか?』



今、周囲を冷静に見ると、とてもその熱さがあるとは思えないです・・・
あまりにも先の話すぎて、イメージがしづらいかもしれませんね。
そして、オリンピック以外にも考えるべきことは
山ほどある、これも事実だと思います。
(手短なところでは、春には消費税率がアップしますよね)


前のトップ記事で私はこう書きました。

『2020年夏季オリンピックが東京で開催されることが決まりましたね。
自分は、この決定が新たなチャンスを生むような気がしてなりません。
オリンピック開催まで7年。
7年もあればいろんなことができると思います。
逆に、怠惰な過ごし方をすれば7年なんてあっという間でもあります。』



オリンピックに限ったことではありません。
(こういう国際的なビッグイベントが数多くの
 チャンスを生むのは間違いないとは思います)

普段からいろんな方向にアンテナを張り、物事に対して
熱く向かう習慣をつけること、これができる人のみが
生まれてくるチャンスを掴む資格があるでしょうし、
チャンスをものにできるのだと思います。



 

<AKB48  チャンスの順番>


好き嫌いはあるかもしれませんが、AKBグループを一度、そういう観点で
見てもらえると、今私が書いたことが理解できるかもしれません。

人気のあるメンバーと
そうでないメンバーの差とは何か?

日々の生活から貪欲に、そして、がむしゃらになっているか
そうでないかの差だと私は見ています。

メンバー1人1人はみんな、一生懸命やっているつもりでしょうが・・・
冷静な目で見ると、やはり、大きな差があります。
(上から目線、に感じたら申し訳ありません・
 決してそういうつもりで書いているわけではないんですが)


ただし、それだけでは一時的なものに終わってしまうと思います。
プラスアルファーで必要なものがあるのだと。
追記で書かせて頂きます。


       <続きは追記で・・・> 

続きを読む
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント12
次々に見つかる課題
2014-03-05-Wed  CATEGORY: 熱くなれ!

村下孝蔵様

こんにちは。たきやん。です。
最近の自分の状態を書いて、今回は終わりです。


 

<谷村有美  傘を持って出かけよう> 


『仕事でも、プライベートでも

 何か行動すると次々と

 新たな課題が見つかる』



詳細は後日、時間のあるときに書かせて頂きます。

1つ言えるのは、何か行動を起こすたびに
成長のきっかけ(種)が見えて、楽しくてたまらない
状態にある、ということです。


それでは、失礼します。


夜城
トラックバック0 コメント4
思い入れ
2014-03-01-Sat  CATEGORY: つぶやき

大阪マラソン スタート


こんにちは。たきやん。です。
今日、クイズのために京都に行ってきます。
ある方の個人例会なんですが、今回が第16回とか・・・
(確か、番外編もあったはずなんで
 もう少し開催回数は多いと思います)

一応、私はこの例会の第1回に参加しています。
といいますか、第1回に参加していなければ
今頃、最大の趣味をクイズとは言ってなかったでしょう。
完全に冷めかけていた私のクイズ熱を
蘇らせたきっかけともなった例会です。

この辺の詳しい事情はアメブロさんの方に
書かせていただきますね。
まあ、仕事などの理由があって、参加回数は
そんなに多くはないんですが・・・ (^^ゞ


 

<レミオロメン  3月9日>


ただ、今回はちょっとした理由があって、
仕事の休出を断ってでも参加したかったんです。
まあ、本日の休出はなかったので問題は起きませんでしたが。

とりあえず、今から出発です。
明日は時間が取れそうなんで、みなさんのところにも
しっかりと訪問ができるかと思います。
訪問して下さっている皆さん、本当にありがとうございます!

それでは、失礼します。

チャレンジラン フィニッシュ 1

トラックバック0 コメント2
東京マラソン2014
2014-02-23-Sun  CATEGORY: スポーツ(語り)

あぶさん・1.


昨日、非常に楽しくて有意義な時間を過ごすことができました。
相手もそう思って下さっていると本当に嬉しいのですが・・・

「何、相手とな? 誰やねん?」

私が今、最も尊敬して止まない人です。
あ、独り言です。軽く流して下さい。


 

<アトランティック・スター  Always>


こんにちは。たきやん。です。
ソチオリンピックもいよいよ閉幕の時を迎えます・・・

現地では英語が通じない、など批判もあったようです。
(ガイドさんやタクシードライバーさんが英語などの
 諸外国語を理解できない、という事態が発生していたそうです)
2020年の東京オリンピックはその批判を教訓に
今から万全の準備を行いたいものです。

行政に携わる方々の心構えは当然、必要ですが、
我々1人1人もそれ以上のしっかりとした心構えが
必要なんだ、と考えます。
その辺は今後、しつこく記事にするつもりでいます。


 

<馬場俊英  スタートライン>


今日は東京マラソン2014が開催されるんですね。
全ての出場するランナーさんに大阪からエールを送ります。

『皆さんが自分のベストを出し切って、

 完走できますように!』


今回のキャッチフレーズ(?)、
「東京がひとつになる日」、本当に素敵な響きだと思います。
願わくは、いつの日か、東京のみならず日本が、そして世界が
ひとつになる日が来ることを、と・・・


手始めに、本日の東京マラソン2014が
最高のイベントとなり、
大成功を収めることを心より祈願します。



あと、先週の京都マラソン2014・泉州国際市民マラソンに
関わった皆さん、お疲れ様でした。
来年は、私も京都マラソン2015に申し込む予定でいます。
(確か、コースに少し変更が出ますが開催日は決定しているはずです)
今年の大阪マラソン2014も含めて、そのための準備は
少しづつではありますが、進めています。
(その様子はまた、「鍛える」のカテゴリで書きたいと思います)


今は一旦、失礼します。
本日の夕方以降にまた、1つ記事を書きたいと思います。

ふわふわスフレ(濃厚ミルク)
トラックバック0 コメント2
決して、決して、決して諦めない
2014-02-19-Wed  CATEGORY: 熱くなれ!
大前研一 その1


いつもより少しだけ早く仕事が終わりました・・・
たきやん。でございます。
少しだけ、ブログに時間を費やそうと思います。

今回のタイトルは、以前読んだ本から得た教訓です。
最近、またその本を読み直しているのですが。
その本はまた後日、紹介させていただきます。


 

<SoulJa feat. 青山テルマ  ここにいるよ>


その本の冒頭に書かれていた言葉をいくつか、列記します。

『粘り強さは、天賦の才よりも
 
 ずっと重要である』


『才能とは、長い努力の賜物である』 

『野心・やる気のないヤツは、

 ビジネスでうまくいかない』



今の職場に変わって2ヶ月弱ですが、ここに列記させていただいたことを
実感させられることが次々と起きています。
はっきり言って、前職では、野心ややる気を前面に出すと
叩かれる雰囲気がありましたからね・・・ (ぼそっ)
そういう意味では、仕事を変えて正解だったと思っています。

そして、今の職場、チャンスは必ず回ってくるようなんですね。
人によってそれまでの期間はいろいろなようですが。
自分と同じ頃に結構、新しい方々が入ってこられたんですが、
すでにチャンスを与えられている人も数名います。

結果を出している人もいれば、大失態を犯して
何と干されかけている人もいて・・・ (;゚Д゚)!


私の場合はですね・・・
数名の先輩社員から「焦らなくていい」と言われています。
そして、同じ頃に入った方々よりはいろんなことを仕込まれているようです。

『いろんなことを覚えて
 じっくりと力を付けて欲しい』


スペシャリストよりゼネラリストでありたい、という
私の気質を見抜いているのかもしれません。
後から入った人数名に先行されているのが現状ですが、
決して諦めることなく、今の職場でしっかりとした
戦力になれるよう、日々精進していこうと思います。


今の仕事について、少し真面目に語ってみました。
仕事だけではありません。生きていく上で、全ての面で結局は

『結果を出してナンボ』

だと思います。
そのためには結局、諦めることなく頑張り続けるしかない、そう考えます。

『頑張り続けること、努力することを

 バカにする人は最終的には泣きを見る』


これは、今まで生きてきて実感していることです、と書いて
この記事を締めさせて頂きます。
それでは、失礼します。

聖域・1
トラックバック0 コメント4
<< 2017/02 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


Copyright © 2017 たきやん。の Burning Heart. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。