一度は死んだ身であるこのブログの管理者が色々と実験・試してみる場所です。
たきやん。の Burning Heart (実験・研究室)
荒れたAKB総選挙結果発表
2017-06-19-Mon  CATEGORY: 未分類

こんにちは。たきやん。です。
炎上覚悟での記事です。
タイトル通り、AKB総選挙を振り返る記事です。
(と言っても見ている人はいないので
 気楽に打ってみますか!)

今回の主役は間違いなく、須藤凜々花さんで
間違いない、と思います。

私はどちらかといえば、アンチ須藤さんです。
でも、今回に関しては、
「彼女を批判出来る資格がある
 メンバーはほとんどいませんよ!」
と考えています。
これはOGメンバーも含めてです。

あと、これは
「起こるべくして起きたこと」です。
プロデューサー・事務所(運営)の
モラルが元々、凄く低いんですから。

今までにメンバーや運営の不祥事、
どれだけありました?
初期からのファンの方なら少なくとも、
両手の指では数えられないぐらい
思い出せるのではないですか?

私から言わせれば、今回のことよりも
「一メンバーの卒業を年末の国民的な
 お祭り番組(しかも、国営放送局!)で
 発表する」
方が余程、モラルがないですし、
芸能界における重大なルール違反でしょう!

今回の須藤さんを擁護する気持ちは
サラサラありません。
人として重大なマナー(ルール)違反を犯して
いるのですから、「即刻グループから除籍」
でもいいぐらいだ、とすら思っています。

ただ、真の意味で今回、彼女を批判する資格があるのは、まずは総監督の横山由依さん。
後は5位の荻野由佳さん、6位の須田亜香里さん、8位の惣田紗莉渚さん、14位の古畑奈和さん。
百歩譲って、4位の宮脇咲良さん。
ここまでですよ。

まずは、須藤さんよりも順位が下だった
メンバーに彼女を批判する資格などないです。


死ぬ気になって(芸能界での)生き残りの方法を模索して、実践した。それをファンが認め、結果が出た。
あと、『アイドルとしての』プロ意識を決して失わなかった。
この全てを満たして、初めて批判する資格が
あるのでしょう。


「全員、必死でやってるわ!」
という声も当然ある、と思います。
でも、伝わらなければそれは必死とは言わない。それが総選挙の本質・結果ではないですか?
そして、芸能界とはそういうものでしょう?


CD・劇場公演・グッズなど、何故
お金を使って入手するのか?

メンバーのプロ意識を認めた。
それで自分(の心)が心地よくなる。
いい(素敵な)気持ちになれる。
それに対してファンは対価を払っているのでしょう? 違いますか?


私、おニャン子クラブやモーニング娘。にもハマったヤツなんですが、根本は上記に書いた、
『応援することで自分がいい気持ち(気分)になる、だからお金を出す』
なんですね。


多分、事務所(運営)やプロデューサーは
その本質に見向きもしてないと思います。
言い方は悪いですが、
『お金のみを追って』いますよ。
それが感じられるシーンは山ほどあります。
(だから、昔は「アンチAKB」だったんです)


しかし、メンバーは必ずしもそうではない。
本質を見て活動しているメンバーが
ほとんどでしょう、多分。


今回の須藤さんの行為は本質を見て活動して
いるメンバーの気持ちを破壊した。
そういう意味では重罪ですし、
本当に「即刻グループから除籍」に
値するぐらいだ、と思います。

ただ、「アイドルの本質」を全メンバーが
考える機会にもなる、そうして頂きたい、
と思います。
そうでないと、本当にAKBグループは
終わりの時を迎えてしまうと思いますね。


須藤さんの今回の行為は、
『頭が良すぎるが故の、彼女なりの、
 自分をブッタ斬りながらの
 事務所(運営)批判』
なのかもしれませんね…

あのグループは、反骨精神が旺盛な人が多い
(良くも悪くも)イメージがありますから。


我ながら、強烈な毒を吐いていると思います。
失礼します。


スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
副業って?(その3)
2017-06-16-Fri  CATEGORY: 未分類

ちょっと間が空きました。
ここが一番マイペース、
発信数が少なくなりそうです。

あと、リンク対応が全然進んでいません…
「7月大攻勢」のつもりで全ブログ、
やっていこう、と思います。
(ブログだけでなく、私の誕生月の7月は
 ありとあらゆる事で大攻勢月間です‼)

今回はあっさりといきます。


『自己責任じゃない、自助努力です』
副業の中でも、ネットビジネス・MLMの類いで
特に、必ず! 持っておかないと
いけない心構えです。

この心構えがない人達が、いいように
カモられ、挙げ句の果てに「騙された!」と
陰でコソコソ言うんですね。


自業自得なんですよ! 考えが甘い。

「その話、信用出来ますか?」
「必ず勝てますか?(主に投資話)」
違います。

この発想が既に他力本願であり、
本来なら100%イケる話を、
価値のないものにするんです。
100%神話を崩すんです。

「その話は自分の為になるのか?」
「自分を助けることになるのか?」
これを自分で考えて進めていく。

話を本当に活かすにはこれ以外ない、
自分の周囲を見て確信していることです。


実は、少し前、自分もカモられる側に
なってしまいました。
上記の考えは、過程を振り返り、
自分なりに出した結論でもあります。

今、再行動の途中です。
この考えが間違ってないことを
必ず証明します!

そして、出せる範囲で惜しみ無く、
途中の過程をここで披露します。


仕事前に吠えてみました。
失礼します。

トラックバック0 コメント0
『トレンド』と『ブーム』(続編)
2017-05-27-Sat  CATEGORY: 未分類

こんにちは。たきやん。です。
SNSでビジネスの記事を見たり、
話を聞いていて、どうしても
腑に落ちない点があります。
それをサラッと記事にします。


『先にやる方が有利です』
何回か、この手の話が出てきました。

違いますね、恐らく。
「先にやることによって、量を
 こなすことが出来る。それによって、
 結果が出る可能性が高まる。」
こういう性質のものが本物であり、
『トレンド』として今後、需要が高まり
残っていく、私はそう確信しています。

MLMや投資系で特に聞く話です。
実は、私はMLMに着手していますが、
(今は会社名は出しません)先行したからと
言って、100%結果が出せるわけではありません。
現実として、いくらでも失敗例を
見ています。

私の周りで結果を出している人は例外なく、
やるべきことをやってますし、
「大量行動」を取っております。
ここでいう「大量」、並大抵の量じゃないです!
今後の記事で書く予定でいます。


『簡単に得られる物は、失うのも簡単だ』
『心なき行いは、すぐソッポを向かれる』

尊敬している方に指摘されたこの言葉を
肝に銘じながら、日々、心・技・体を
鍛え上げていきたいと思います。


私には、目先だけの物は必要ありません。
永続的な物を追求していきます。
目先のものに見えても、その先を考えて
狙うことは、当然、あります。

これも指摘されたのですが、
『0から物を生み出すことは出来ない。
 勝負する場合、最低限必要なもの(資金)は
ある。何らかの形で、それを捻り出す
 努力は(死に物狂いで)しないといけない。』

失礼します。

トラックバック0 コメント0
『トレンド』と『ブーム』
2017-05-22-Mon  CATEGORY: 未分類

おはようございます。たきやん。です。

今回の記事は、今連載中の
「副業とは?」シリーズの
スピンオフと捉えて頂きたいです。


『トレンド』と『ブーム』、
似て非なる言葉です。
ストレートに書きます。

『トレンド』には永続性があり、
『ブーム』にはそれがない。
これに尽きると思います。


何でこんな発信か?

何事においてもそうなんですが、
永続的なものを求める姿勢を強く持ってないと
結局は上手くいかない、と考えるからです。
繁栄・素敵な生活(人生)もない。

『ブーム』が上手く当たって、一時的に
繁栄を謳歌する人達は確かにいますよ。
また、見た目も凄く心地よいので、
周り(世間一般)も騙されるんですね。

ただ、そういう人達の末路は
いかがなものなのでしょう?


それにも関わらず、『トレンド』じゃなく、
『ブーム』を仕掛ける。
求める側も同様です。

今の日本、増々、その傾向は
強くなっているのではないでしょうか?
SNSの世界を見ると凄く、それを感じます。


実はこれ、世界の流れとは
逆行しているんですよね。
誰かが意図的にそういう風に
持っていってるのでしょうか?

それでも、今後の日本で生き残り、
繁栄を謳歌しようと思うのならば、
『ブーム』ではなく、『トレンド』を
求め、作ろうとする、これしかない、と
私は確信しています。

例え、今の時代の流れに逆行することに
なろうとも…


「目先のことだけでなく、5年・10年先を
 見据えたもの、それが真の
 『トレンド』です」

芸能界だと、た○し軍団が最高のお手本に
なるんじゃないでしょうか。
トップがしっかりとした『心』を持っていて、
セカンド以降(弟子)にそれがしっかりと
継承されている。
だから、一時的なブームで終わらず、
今でも需要があり続ける。

た○し軍団の本当に凄いところは、その需要が
芸能界に留まらないところなんですよ。
(ここでは、東国原英夫さんのことを
 言っています)


『心』を磨きあげ、色々と勉強し続け、
未来を見据え、『トレンド』を求め、
作ろうとする、私が今後、進む方向です!

楽ではない、蕀の道を進むことに
なるでしょうが…
道を切り開いた時の爽快感は、おそらく
今まで全く味わったことのない、
最高のものになるのでしょう。
それを妄想すると、本当に楽しみです!


失礼します。
トラックバック0 コメント0
副業って?(その2)
2017-05-19-Fri  CATEGORY: 未分類

こんにちは。たきやん。です。

突然ですが、皆さんに今から9つ、
質問させて頂きます。
「はい」か「いいえ」で構いません。
答えてみて下さい。

(社会人の方をターゲットとした質問ですが、
 学生さんは「仕事」の部分を
 「勉強」「学問」に置き換えてみて下さい)


1.今している仕事の目的を即答できるか?

2.その仕事に集中して取り組めているか?

3.仕事に30分以上没頭して
 周りが見えなくなることがあるか?

4.その仕事をしていて1日を短く感じるか?

5.その仕事から得られた成果について
 即答できるか?

6.その仕事をする中で未知への挑戦が多いか?

7.仕事のスケジュールや内容を
 コントロールできるか?

8.誰かに邪魔されにくい仕事か?

9.同じ給料が自動的にもらえるようになっても
 今の仕事を続けるか?


1・5・9の全てに即答で「はい!」と
答えられる方は、直ぐにSNSで紹介されている
ビジネスや投資の話、ネットワークビジネス(Amwayに代表されるやつです)に着手しても、
きっと、大きな成果を挙げられる筈です。


しかし、特に1で「いいえ」となった方…

悪いことはいいません。
その手の話が来ても、『今は』見合わせた
(断った)方がいいですね。
いいようにカモにされるのがオチです!

私の周りでも、いいようにカモられている人は
やはり、1の質問で「はい」と言えない、
そして、現実逃避の為にその手の話を聞き、
『楽して金儲け』と考えてしまうんですね。
結果、「騙された」、となる。


『今は』と書きました。
今後、目的意識を持って仕事に当たれば
いい、ということです。

ここから更に厳しいことを書きます。

もし、今後もその姿勢が持てないのなら…
「不労収入」「権利収入」への道は諦めて、
追加のアルバイトで副収入を得る、
それが経済的に豊かになる
唯一の方法でしょうね…

あ、もう1つありますね。

「宝くじ(億単位の当選金)を当てる」

まあ、雷に打たれるのとほぼ、確率が同じ
(絶望的に低い)と言われていますが。


う~ん、我ながら厳しい書き方、
自分の首を絞めてしまってます。

でも、現実なんですよね。


もう1つ、厳しいことを。
去年の年末(確か、12月26日だったと思います)
の日本経済新聞の1面で、国が副業を推奨、
という記事が大きく出ていました。

チャンス、と楽観視してもいいとは思います。
しかし、国や企業がこういうサインを
出している、と考える方が安全でしょうね。


『あなたたちの収入は今以上
 引き上げられません。
 自分で稼いで下さい!』

国も企業も私達を突き放した(見捨てた)と
捉える方が安全だと思います。

だからこそ、『自分の身は自分で守る』為の
防衛策として、今、「副業」が必要だ、と
言われるわけでしょう。


だらだらと心構えを長く書きました。
もう少し、副業の連載、続けます。
次から、今、自分が勉強・実践していることを
具体的に書いてみよう、と思います。


今回の本記事、これにてクローズです。
失礼します。

トラックバック0 コメント0
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Copyright © 2017 たきやん。の Burning Heart (実験・研究室). all rights reserved.